アニサキス食中毒の寿司屋での予防法

年々増加しているアニサキス食中毒の被害。この話題が出るたびに、お寿司を控えようとする人もいらっしゃいますが、寿司好きには我慢できませんよね。

だったら、寿司屋へ行っても自分で予防できる方法があれば、それなりに対策して安心安全にお寿司が食べられるというもの!

どんな寿司ネタなら大丈夫なのか、予防法とあわせておさえておけば、変にビクビクすることもなくいつも通りお寿司が食べられます♪

スポンサードリンク

寿司屋でアニサキスを予防するには?

空輸便など流通が発達したことで生の魚が届けられるようになり、冷凍しなくてもよい状態になった反面、アニサキス中毒が起こりやすいという状態になってしまっています。

いつも混雑している回転寿司も、マグロの解体ショーなどをやっているお寿司屋さんも、なんだか怖くなっちゃいますね・・・

もちろん、寿司職人さんもしっかりチェックしてくれているとは思いますが、自分でもできる範囲で予防したいものです。

では、どんなお寿司屋さんでどんな魚を選べば、アニサキスを予防することができるのでしょうか?

寿司屋でアニサキスを予防するには?

お寿司屋さんを選ぶ

アニサキスは新鮮な魚介類にしかいないので、産地直送とか生け簀(いけす)とか、新鮮であればあるほど危険だということになってしまいます。

冷凍された魚を使った回転寿司など、安いお寿司屋さんの方が安心ということになりますが、それだと美味しさはどうなの?という葛藤がでてきますね。

新鮮な魚を扱う高級店の方がアニサキス的には心配だと思う反面、食品管理はしっかりしてくれるんじゃないかな?という安心はあります。

こればっかりは、回転寿司だろうが高級店だろうが、信頼できるお寿司屋さんを選ぶしかない、ということしか言えないのではないでしょうか。

冷凍の寿司ネタを選ぶ

基本的には海の魚に寄生する虫なので、川魚や養殖された魚ならちょっぴり安心できます。ただし、一部のマスや鮎など、中には海に出て戻ってくるような川魚もありますので、100%安全とは言い切れません。

というか、そもそも川魚の寿司ネタはないですよね~><

マイナス20度で24時間以上冷凍すれば、アニサキスは死滅します。

そのため、冷凍された魚なら大丈夫なのですが、メニュー表に「冷凍もの」と書かれてあれば分かりやすいけど、そんなお寿司屋さんはないですよね(笑)

『前にアニサキス中毒になったことがあるので、冷凍されてた魚を教えてください』と尋ねてみれば、そんなにイヤな顔をせずに答えてくれる人もいるとは思います。

回転寿司ではイカをチェック!

アニサキスはイカの表面に寄生していることも多いため、生のイカには表面に切れ目を入れてアニサキスを殺す、というのがお寿司屋さんの常識としてあります。

アニサキスはどんな寿司ネタなら大丈夫?

しかし、冷凍イカなら切れ目を入れる必要はないので、切れ目のないイカを使っているお寿司屋さんは冷凍ものを提供しているという判断ができ、新鮮なネタを提供していないお店ということにもなります。

鮮度へのこだわりを持つ人にとっては、冷凍されていないイカを好むところでしょうが、アニサキスを絶対に口にさせたくない子供に食べさせるなら、冷凍の方が安心ということになりますね。

食べる前にもチェック!

お刺身やお寿司のネタも、よーく見てから口に入れたいところ。寿司ネタは薄いから大丈夫じゃないの?という気がしますが、お寿司を食べてアニサキス食中毒になった人はたくさんいらっしゃいます。(渡辺直美さんとか)

裏表ともにチェックした上で、しっかり噛んで食べるようにしましょう。

しらすや刺し身についているツマが、アニサキスに似た形をしていますので、間違えないようにしてくださいね(笑)

アニサキスは寿司ネタを炙りにすれば大丈夫ってホント?

加熱されていれば大丈夫ということから、炙りの寿司ネタを選べばアニサキスの心配がないんじゃないかという意見もあります。

アニサキスは寿司ネタを炙りにすれば大丈夫か?

たとえば、炙りサーモン、炙りトロ、炙りサバなどです。

アニサキスを死滅させるには、60度で1分以上か70度以上で加熱する必要があります。バーナーでの炙りなら70度以上ですので、OKな気もしますよね。

ですが、表面を炙っても中は生の状態です。その証拠に、炙りシメサバでのアニサキス中毒例も報告されています。

つまり、寿司ネタを炙ればいいというのは間違った情報なので注意してください。

スポンサードリンク

アニサキスはどんな寿司ネタなら大丈夫?

じゃあ、どんなお寿司を食べたら大丈夫なのかというと、前述のとおり、冷凍された寿司ネタとともに、煮たり焼いたりした処理が施されている寿司ネタなら大丈夫です。

アニサキスはどんな寿司ネタなら大丈夫?

お寿司屋さんでアニサキスに関係なく食べられるネタを挙げてみましょう。

  • 蒸しエビ
  • 蒸しイカ
  • 煮アナゴ
  • 煮ハマグリ
  • 茹でタコ
  • 焼きカニ
  • 子持ち昆布
  • 玉子
  • ツナマヨ
  • かんぴょう巻
  • 納豆巻
  • おしんこ巻き
  • 梅しそ巻き
  • いなり寿司
  • 太巻き

半分以上、魚介類じゃなくなってきますね(;・∀・)

大人には物足りないラインナップかもしれませんが、絶対にアニサキスを口にして欲しくない子供・妊婦・老人などなら、カラダのためを思うと悪くないメニューでしょう。

大手回転寿司チェーン店の対応は?

回転寿司の売上高ナンバーワンのスシローは、基本的にマイナス20度以下で24時間以上冷凍しており、冷凍できない魚介類は養殖しているものを使っているそうです。

鮮魚を扱っていないと思われる回転寿司ですが、現在はそんなこともなく、たまに厨房でアニサキスが発見されることもあるんだとか。

ただし、複数の人間がしっかりと目視しているため、商品として提供することはまずないということです。

こうして話題となっているときは、余計に気を配ってくれるでしょうから、案外この時期の大手回転寿司は狙い目かもしれませんね。

まとめ

アニサキス食中毒に対するお寿司屋さんでの予防法と、炙りの寿司ネタは大丈夫なのか、安心して食べられるネタなどについてお伝えしました。

生の寿司ネタがどうしても食べたいなら、スーパーなどの市販品を購入するより、大手回転寿司の方が安心な気がしますよね。いつも混んでいて待ち時間があるお寿司屋さんも、いまなら待たずに入れるかも~

お寿司屋さんを信頼して、いままでと変わらず美味しいお寿司をいただきたいものです!

スポンサードリンク