アロマオイルと精油の違いとは?

ルームフレグランスとしてはもちろん、掃除・洗濯やスキンケアにも使いたいアロマ。いざ購入しようと思うと、お値段はピンからキリまであって迷っちゃいます。

また、アロマオイル・精油・エッセンシャルオイルなど、名前もいろいろあって、どれがどう違うのかわからず、結局買わずに帰ってくる・・・なんてことも。

アロマオイルと精油の違いや見分け方、それぞれの使い方などをご紹介します。

カンタンに見分けられるこれらの方法を覚えておけば、もうネット通販でも店先でも迷うことはなくなりますよ♪

スポンサードリンク

アロマオイルと精油の違いとは?

香りでリラックスしてみようと、ネット検索したりお店のアロマコーナーに行ってみると、「アロマオイル」「精油」「エッセンシャルオイル」など表記が異なるものがあります。

これらは中身も違うのでしょうか?

アロマオイルと精油の見分け方とは?

アロマオイルとは

アロマオイルは、植物から抽出された精油や合成の香料を、アルコールや鉱物油などで希釈したものです。

中には化学物質のみで植物の香りに近づけているものもあり、主に香りを楽しむために作られています。自然のものとは違って香りが安定してるため、強い芳香を放つのが特徴的です。

精油とは

精油は、花・葉・果実・樹脂などの植物から抽出された100%天然のもので、薬理作用があるのが特徴です。

香りを楽しむことはもちろん、精油を植物油(*)で希釈したものをお肌に塗布して美肌を保ったり、手作り化粧水などを作って自分専用のオリジナルのスキンケアを作ることも可能です。

植物油(*)=ホホバオイルなどの希釈するキャリアオイルのこと

また、お塩と一緒にバスタブに入れて入浴し、一日の疲れをほぐすなど、さまざまなシーンで楽しむことができます。

ちなみに、エッセンシャルオイルは精油を英語読みにしたものです。

つまり、アロマオイルは香りをかぐだけのもので、精油(エッセンシャルオイル)は香り以外にもいろいろなシーンで活用することができるという違いがあります。

アロマオイルと精油の見分け方とは?

では、アロマオイルと精油の見分け方はどうしたらいいのでしょうか。

アロマオイルと精油の違いとは?

表記をチェック

いちばんわかりやすい見分け方は、ラベルの裏の表記を見ることです。

精油のラベルには、植物の学名、抽出部位、抽出方法、原産国、ロットナンバーなどがきちんと記載されています。また、一箱ごとに精油の分析表が入っているものを選ぶと、より安心です。

一方、アロマオイルは精油や合成の香料を希釈していますので、このような記載は基本的にありません。

それでも、ボトルには「100%精油」や「ピュアオイル」などと記載されていることもありますので、ラベルの表記をよくみて判断しましょう。

価格をチェック

5ミリで1,000円以下など、極端に安いオイルは注意してください。精油と書かれていても、人工的なアロマオイルのことがあります。

100%天然の精油が、数百円なんてことはありえませんので、価格も見分ける手段になります。

ボトルをチェック

精油は光によって劣化してしまう恐れがあり、これを防ぐために容器は茶色・青色・緑色などの遮光瓶に入っています。そのため、遮光瓶なのかそうではないのかも見分ける判断になります。

透明のガラス瓶やプラスチックのボトルに入ったものは、精油ではありません。

ただし、アロマオイルでも色つきの瓶に入っていることがありますので、その場合には表記や価格を参考に見極めてくださいね。

スポンサードリンク

アロマオイルの効果効能・価格の違い・使い方について

どんなときにアロマオイルを選べばいいのか、効果や価格、使い方をチェックしておきましょう。

アロマオイルの効果効能・価格の違い・使い方について

アロマオイルの効果効能

アロマオイルは香りを楽しむためのものなので、香りをかいで「いい匂いだな~」とほっこりできる効果があります。

しかし、自然の精油と違って安定性があることで香りが強いことも多く、お部屋のカーテンなどに香りが移り、残り香で気分を悪くしてしまうこともあるので注意が必要です。

換気などをして工夫して使用するようにしましょう。

アロマオイルの価格の違い

アルコールなどで希釈している分、たくさん製造できることから、精油に比べると100円ショップや雑貨屋さんなどで、とても安く購入することができます

価格の違いは、天然成分の割合などによるところが大きいでしょう。

アロマオイルの使い方

アロマオイルの使い方としては、アロマディフューザーやアロマ加湿器などで、お気に入りの香りを楽しむ、ということが基本となります。

使用後はコットンにアルコールを噴霧したものでふき取ると、ベタつきもなく衛生的です。手頃な価格でお手軽に使えるというのが、いちばんの魅力ですね。

精油の効果効能・価格の違い・使い方について

精油を選びたいシーンはどんなとき?
効果や価格、使い方をおさえておきましょう。

精油の効果効能・価格の違い・使い方について

精油の効果効能

精油には薬理作用と呼ばれるさまざまな作用があります。

精油の香りである芳香分子は、鼻から吸い込むと一瞬にして脳へと伝達されて、免疫系を強化してくれたり、ホルモンバランスを整えたり、自律神経を正常に保つアシストをしてくれます

たとえば、ラベンダーをかぐと安眠作用が働き、質の高い睡眠を促すことができたり、ティートリーをかいだり足湯をすると、風邪をひきにくい身体つくりをすることができます。

また、女性の場合はゼラニウムを植物油で希釈してブレンドオイルを作り、下腹部や腰部に塗布すれば、月経前緊張症や月経痛を緩和することなどもできますよ。

精油は心と身体のちょっとしたトラブルに作用を発揮してくれますので、悩んでいるトラブルと精油の特徴を照らし合わせて利用することができます。

精油の価格の違い

精油は入っている量や植物成分の違いなどで、大きく価格が異なります。

アロマオイルと違って、1本の目安としては1,000円前後から数千円ほどです。しかし、中には1万円以上するものまであります。

5ミリや10ミリの遮光瓶に入った精油が多いですが、お気に入りの精油が見つかるまでは、1ミリや3ミリ入りの精油で少しずつ試していくのもいいですね。

精油の使い方

使い方は、アロマオイル同様、リラックスしたいときは、アロマディフューザーやストーンなどに染み込ませて芳香を楽しみます。

また、原液を塗布したり、マッサージ、吸入、沐浴、パック、スプレーなど、使用方法は多岐にわたります。

精油はアロマセラピーとして美容やメンタル、全身の不調のケアをすることなどもできる、とても優れたものなのです。

まとめ

アロマオイルと精油(エッセンシャルオイル)の違いや見分け方、それぞれの効果効能・価格の違い・使い方についてお伝えしました。

人体に影響がなさそうなシーンではアロマオイル、それ以外は精油など、そのときの用途に合わせて使い分けてみるというのも、お財布に優しい活用の仕方です。

お気に入りの香りを見つけて生活の中に取り入れることで、よりハッピー気分を盛り上げちゃいましょう!

スポンサードリンク