アロマオイルの初心者が持つべきおすすめセット例

自宅でもアロマテラピーを楽しんでみたい!と思っても、初めてだと実際どんな道具が必要なんだろう?何から揃えればいいんだろう?と迷ってしまいますよね。

アロマテラピーを楽しむのには特別な器具は必要ありませんが、最低限必要なものから、あると便利なものまで、まとめてご紹介します。

どれも手に入りやすいグッズばかりなので、すぐにアロマライフを楽しめますよ♪

スポンサードリンク

アロマオイル初心者向けの道具一覧

アロマオイルを使うには、実はティッシュにたらして香りを楽しむ、という方法でも十分なので、特別な道具はなくても大丈夫なんです。

とりあえずそろえたいアロマグッズ

香りを楽しむために最低限必要なものは、次の2つです。

  • 精油
  • 無水エタノール

もしアロマスプレーを作りたいなら、これに精製水とスプレーボトルを揃えましょう。ただし、精製水は浄水器の水でも代用は可能なのでなくても構いません。

無水エタノールは消毒用のエタノールとは違い、薄められていないエタノールです。薬局やドラッグストアでは店頭に出ていないと思うので、店員さんに聞いてみてください。

アロマスプレーを作るときにも使いますし、アロマポットの掃除などにも使います。

精油は水に溶けませんから、水洗いしてもキレイに落ちません。アロマポットをつけっぱなしにしておいて、受け皿がベタベタになってしまった時なども、無水エタノールをコットンに含ませて拭き取ればキレイに落ちます。

あると便利なアロマグッズ

ティッシュがあればいい、とはいえ、見た目からテンションを上げていきたいのも女子ならではの感覚ですよね。もう少しちゃんとしたグッズが欲しい、というならこちらを。

アロマストーン

火を使わずに香りを楽しめますし、置く場所もあまり取らないのであると便利です。1個数百円から買えますし、何個か持っておくといいかもしれません。

アロマキャンドル

リラックス効果が高いのでおすすめですが、使うなら合成香料ではなく天然の精油が使われているものを使いましょう。

大きさにもよりますが、天然のものなら1つ2千円以上はすると思います。けれども、その価値は十分にありますよ。

アロマディフューザー

少し高価(3千円程度から1万円くらい)なので、初めからそろえる必要はありません。なくても他の方法で香りは楽しめますが、見た目も可愛いし使いやすいので、ゲットするのももちろんアリですね。

アロマオイルの初心者が持つべきおすすめセット例

何かひとつだけでもアロマを焚くための道具と精油があれば、すぐにでも香りは楽しめます。道具の使い方は次の章でご紹介するので、おすすめのアロマオイルについてお伝えしますね。

初めに持っておくとよいアロマオイルの種類

初めて買う時は、次の5種類のどれかがおすすめです。

ラベンダーアングスティフォリア

真正ラベンダーとも呼ばれる、ラベンダーの中でもひときわ香りの良い品種です。リラックス作用はもちろんのこと、痛み止め、スキンケア、肩こりや筋肉痛など幅広く使えるアロマです。

マンダリン

マンダリンがオレンジスイートと似た香りですが、オレンジよりもリラックス作用に優れ、自律神経のバランスを整えたり、良い眠りのサポートしたりする働きがあります。

ベルガモット

紅茶のアールグレイの香り付けに使われているベルガモットは、少し苦味を感じる香りで女性にはとても人気があります。これも自律神経のバランスを取り、気持ちを落ち着かせる作用に優れています。

ティーツリー

ラベンダーと並んで万能なアロマ。お部屋で焚いたり、アロマスプレーにすれば風邪の予防はもちろん、キッチンの臭い消しや選択などにも使える便利なアロマです。

ペパーミント

スッキリした香りでお部屋の消臭もできますし、リフレッシュ効果の高い香りです。胃腸の調子が悪く、吐き気を感じている時などにもいいんですよ。また、頭痛や肩こりなど、身体の痛みにも有効なアロマです。

スポンサードリンク

アロマオイルを焚く道具やグッズなど

アロマオイルは熱を加えるとより拡散するので、アロマポットやアロマキャンドルなどを使うと楽しめますが、小さなお子さんやペットがいると火を使うのは心配という方もいらっしゃいますね。

それも含めて、アロマを楽しむための道具についてお伝えします。

アロマオイル初心者向けの道具一覧

マグカップ

道具がなくても香りは楽しめます。方法としては、マグカップにお湯(80度くらい)を入れて、そこに精油を3~5滴たらせばOK!それをテーブルの上などに置いておけば、十分に香りが広がります。

お湯が入っているので倒れないように気をつけてもらえれば、香りがなくなったらお湯を捨てて石けんで洗うか無水エタノールで拭き取ればいいので、お手入れも簡単です。

アロマポット

アロマランプ、アロマライトともいいます。受け皿に少し水を入れて、そこに精油を3~5滴たらします。それを電気もしくはティーライトキャンドルで下から温めて香りを拡散させます。

お部屋全体に香りが広がりますし、デザインも豊富です。ただし、陶器製のものが多いので壊れやすいということと、タイマーなどはついていないので消し忘れに注意しなければいけません。

アロマキャンドル

元々アロマオイルが含まれているものもありますが、その時々で自分の好きな香りを楽しむなら、無香料のキャンドルに自分でアロマオイルをプラスするといいでしょう。

キャンドルに火をつけたらロウが少したまるのを待ちます。それからなるべく芯から遠い位置に数滴アロマオイルをたらします。これでお部屋中に香りが広がりますよ。

やけどに注意することと、火の始末さえ気をつければ、香りを手軽に楽しめる方法です。

フレグランスランプ

デザインの美しいフレグランスランプも人気ですね。これはランプの中にオイルを入れて芯に火をつけて香りを拡散させます。火をつける時間は数分で、あとはオイルが気化されて広がっていきます。

これも熱を加えているので拡散しやすいのですが、使うオイルが問題です。天然100%の精油だけが配合されているならいいのですが、たいていは合成香料が含まれています。

合成香料を使ったのでは「アロマテラピー」とはいえないので、フレグランスランプはどちらかというと空気清浄効果のある芳香剤といった感じで使うことをおすすめします。

まとめ

アロマオイルを初めて使うという方向けに、おすすめのアロマや焚く道具などについてまとめてみました。

アロマテラピーは何かしらのグッズがなくては楽しめない、というわけではないので、最初のうちはマグカップなど、おうちにあるものを利用しながら楽しむといいでしょう。

そのうち、アロマポットやディフューザーを使って、より効率的に香りを楽しみたいなと思うようになったら、色々と道具を揃えていけばいいですね♪

スポンサードリンク