ダイソーアロマオイルのオススメな使い方

100円ショップでも販売しているアロマオイル。アロマショップ専門店で購入すれば1,000円以上はしてしまう精油に比べると、かなり破格のお値段です。

そのため、100円のアロマなんて大丈夫?と心配になっちゃうのは仕方ないことかも。

ダイソーのアロマオイルでも、使い方を間違えなければ最高のコスパで香りを楽しむことができます。どんな使い方をすればいいのか、ご紹介します。

スポンサードリンク

ダイソーのアロマオイルは精油じゃないの?

ダイソーで販売されているアロマオイルは、アロマセラピーで使用する精油とはまるで構造が違っています。精油ではありません

精油や合成の香料をアルコールなどで薄めてつくられており、基本的には香りを楽しむためだけのものです。

合成の香料のみで製造されているものもありますので、アロマセラピーの本に書いてあったからといって、お肌に塗布してしまうと、肌荒れなど身体に影響が出ることもあります。

そもそも精油とは?

一方、精油は花、葉、果実、樹脂などの植物から抽出した100%天然のオイルで、ラベルの裏の表記に植物の学名、抽出部位や抽出方法、ロットナンバーや原産国などが記載されています。

ダイソーのアロマオイルと生活の木の精油の表記を、実際に比べてみました。

ダイソーのアロマオイルは精油じゃないの?

また、精油であれば、一つ一つに分析表が付属しています。これらがあるかないかでも、アロマオイルか精油を見分けることができます。

日本語では精油、英語ではエッセンシャルオイルと表記されます。

アロマオイルと精油を見分けて!

アロマオイルは雑貨屋さんなどでも販売されていますが、ちゃんとした精油とアロマオイルと両方を置いているところもありますのでややこしいところ。

こちらのページに見分け方をご紹介していますので、しっかり区別してくださいね。

アロマオイルと精油の違いと見分け方|効果効能や価格の違いと使い方

ダイソーのアロマオイルって大丈夫?

合成香料や精油をアルコールなどで希釈しているアロマオイルですが、100円ショップなどでで手軽に買えることから、使用する方も増えています。

芳香剤としての役目とするなら、特に問題はなく大丈夫です。

使う際にはここに注意!

ただし、継続的に嗅ぎ過ぎると気分を悪くしたり、頭痛が起きたりすることもありますので、換気をしながら使いましょう。

ダイソーのアロマオイルって大丈夫?

芳香用なので、精油のようにキャリアオイルで希釈しても、お肌への塗布は使用できません。肌荒れやトラブルの原因になることもありますので、なるべく使わないほうがいいといえます。

空気清浄機などに精油を入れて楽しむ使い方もありますが、これもアルコール対応可能なものなら問題はありません。

ですが、対応していない空気清浄器などに入れてしまうと劣化の原因になりますので、心配なら使用は避けておいた方が無難です。

また、ダイソーのアロマオイルを掃除に取り入れる方法もあります。色がついているものだと種類によってはシミがついてしまうこともありますので、色がついていないアロマで試してみてくださいね。

スポンサードリンク

ダイソーアロマオイルのオススメな使い方

手軽に香りを楽しめるダイソーのアロマオイル。その香りを楽しむにはアロマディフューザーが一般的になりつつありますが、それ以外にはどんな方法があるのでしょうか。

そのまま使う

素焼きプレートにアロマオイルを数滴落として香りを楽しむ方法なら、とてもカンタンです。玄関やリビング、寝室、トイレなどさまざまな場所で使用できます。

アロマティックな芳香剤というイメージですね。

また、アロマオイルにウッドスティックを数本入れて、リードディフューザーとして使う人も多いです。

ウッドスティックに香りが染み込み、蒸発していくときに香りが拡散されます。よく玄関などでみかける光景ですが、もちろんどのお部屋にも使用できます。

ダイソーアロマオイルのオススメな使い方

精製水と混ぜる

スプレー容器にダイソーのアロマオイル数滴と精製水を入れて混ぜることで、カンタンにルームスプレーが作れます。

外出するときにお部屋や玄関にシュッと吹きかけたり、トイレの後に吹きかけたりすることで、ほのかな香りの演出ができます。

くれぐれも、お肌にはかからないようにしましょう。また、1~2週間など、早めに使い切るのが安心です。

重曹と混ぜる

アロマオイルと重曹を混ぜて、しばらくお部屋やトイレなどに置いておけば、嫌なニオイを重曹が吸収してくれます。香りの消臭剤といったところでしょうか。

吸収した後は、トイレ掃除をするときに便器に振り掛けてしまえば、重曹のパワーで汚れを落としてくれますので一石二鳥の方法です。


精油の薬理効果を求めない使い方なら、ダイソーなど100均のアロマオイルでも、このように簡単に香りを楽しむことができて、とってもリーズナブルですね。うまく使い分けましょう。

まとめ

ダイソーのアロマオイルと精油の違い、見分け方や使い方などについてお伝えしました。

アロマの薬理効果が欲しいなら、もちろんちゃんとした精油を揃えるべきです。

が、100均のアロマオイルにもいろいろな種類があり、いまは昔より品質もよくなっていますので、抜群のコスパでそこそこ楽しめます。

まずは1本だけ手にしてみて、お掃除から始めてみましょう!

スポンサードリンク