鬱(うつ)と更年期の見分け方

カラダがだるくて朝起きられない、なんとなく気分が落ち込んでいてやる気が出ない、今までやってた家事ができずに自己嫌悪・・・ふと気づくと、こんな状態になっていませんか?

更年期の女性には、こういったうつのような症状が出ることがあります。これらの原因がうつ病なのか、更年期障害のひとつでもある精神的なバランスの乱れなのかが分からないと、適切な対処ができません。

ここでは、メンタルの変化が更年期障害なのかうつ病なのか、その違いや見分け方についてお伝えします。どちらが当てはまるかを知るだけでも、心が少しだけ軽くなりますよ。

スポンサードリンク

更年期障害と鬱(うつ)の違いとは?

気分が落ち込んで何もする気がしない、なにもかもが億劫、何を見ても感動したりすることがなくなった、体もだるい、誰とも話したくない・・・。

いままでは明るくておおらかな性格だったのに、急にネガティブでイライラと怒りっぽい人になってしまった・・・。

40~50代女性がこういった状態になってしまった場合、まずは更年期によるうつ症状であると判断されることが多くなります。

けれども、無力感や情緒の不安定さを「うつ」というため、更年期であるなしにかかわらず、現れる症状はほぼ同じです。

決定的な違いというのは、命にかかわるかどうか、ということ。

生きているのがいや!など、深刻に思い詰めてしまうような深い絶望感がある場合は、うつ病である可能性が大です。

鬱(うつ)と更年期の見分け方

女性ホルモンの減少によるうつ

これも他の更年期症状と同様、ホルモンバランスが崩れて情動の中枢が乱れてしまうことから起こる現象です。

女性ホルモンの減少で自律神経に乱れが出て、神経伝達物質の働きがうまくいかなくなることがあり、精神的な不調が起こるパターンです。

ストレスが原因のうつ

40~50代女性は、家庭や仕事の悩みが多くなって、考えなくちゃいけないことややるべきことがドンドン増えていく年頃です。

若い頃と比べると、体力や気力が落ちているのにかかわらず、介護など一筋縄ではいかないような問題が多くなり、それらがいくつも重なってくるとストレスが多くかかり、うつ状態となります。

月経前不快気分障害(PMDD)によるうつ

生理前になると、イライラしたり情緒が不安定になるなどの症状が出る人もいます。

外出ができなくなるなるほどの精神状態となる場合は、月経前症候群(PMS)の中でも重症な、月経前不快気分障害(PMDD)と診断されることがあります。

鬱(うつ)と更年期うつの見分け方は?

現れる症状が似ているので、一見すると見分けがつきません。治療法はそれぞれ異なりますので、間違った対処をしてしまうとなかなか治癒しないという結果が出ます。

見分ける基準の基本は、まず年齢です。40歳くらいを目安に、生理不順や他の更年期症状などの有無で何が原因になるものなのかをおおよそ判断します。

更年期うつ・うつ病・PMS(PMDD)チェック

ざっくりとしたチャートですが、自分の状態をみてどれに当てはまるのかチェックしてみてください。

更年期障害と鬱(うつ)の違いとは?

うつになりやすいタイプ

こういった傾向のある方は、うつになりやすいと言われています。

  • 物事の白黒をハッキリさせたい
  • 自己嫌悪におちいりやすい
  • どちらかというとネガティブ思考
  • こうあるべき、という思い込みが強い
  • 真面目でハメをはずすようなことがない

すぐにできるセルフケア

こういった性格があることを自覚して、「よし!吹き飛ばしてやろう!」という気持ちに一瞬でもなれるのなら、セルフケアで改善できる可能性は十分にあります。

うつ気分を吹き飛ばして元気になるような方法がいくつもありますので、できるものから試してみましょう。

  • 思い切り笑う(お笑い番組・コメディ映画など)
  • 思い切り泣く(小説・マンガ・映画など)
  • 日差しをを浴びる(15分くらいでもOK!)
  • 睡眠環境を整える(適正な睡眠時間の確保やリズム)
  • 恋をする(芸能人や二次元の人でもOK!)
  • アロマテラピーをおこなう

合併型の人もいる!

やっかいなのは、うつ病でもあり、更年期うつでもあるという、両方が重なっている状態の人もいるということです。

生活習慣を見直し、アロマなどのセルフケアを行なうことで症状が軽くなる場合もありますが、生活に支障が出るほどツライなら、状態が悪化しないうちに受診しておいた方が安心ですよ。

スポンサードリンク

うつか更年期障害どっちなのか病院でチェックするには?

どちらの可能性が高いかによって、受診すべき病院が変わりますが、どちらの症状なのか、合併型なのかは、病院で鑑定できます

また、どちらも当てはまってしまう合併型の人も、どちらから治療をすればいいのかは医師が判断してくれますので相談してみましょう。

専門家のカウンセリングを受けるだけでも、心が落ち着く作用があるという声も多いです。。

うつか更年期障害どっちなのか病院でチェックするには?

PMS(PMDD)なら、生理前に症状が出て、生理が始まるとスーッとひいていくという特徴がありますので、判断しやすいですね。

更年期障害の検査

更年期障害によるうつなら、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因なので、ホットフラッシュやのぼせといった他の更年期症状も出ます。

更年期障害検査の流れ(例)
  1. 問診(予診)
  2. 身体測定(身長、体重、腹囲、体温、血圧など)
  3. 血液検査(ホルモン量、血糖値、甲状腺機能、肝腎機能など)
  4. 触診(子宮、乳房など)
  5. 骨量検査(骨密度)
  6. 心理検査(心理テストなど)

うつ病の検査

うつ病には、抑うつ気分の頻度や長さなど、さまざまな診断基準のガイドラインがあります。専門家に見てもらえば、ある程度の判断はつきます。

うつ病検査の流れ(例)
  1. 予診
  2. 身体測定(尿検査、体重、体温、血圧など)
  3. 血液検査(血糖値、甲状腺機能、肝腎機能など)
  4. 診察(問診、脳波、CTなど)
  5. 心理検査

婦人科、精神科、心療内科や女性の疾患を総合的に見てくれるようなレディースクリニックを受診してみるのもいいでしょう。

まとめ

憂うつな気分が続くとき、更年期障害によるものなのか、鬱(うつ)によるものなのか、その違いや見分け方、病院での検査の流れなどについてまとめました。

まずは、自分で自宅でおこなうセルフケアの方法を試してみることからはじめましょう!

「これくらいで病院なんて大げさよね」「そのうち治るから我慢しよう」と受診を先延ばしにしていると、気がついたときにはもっと症状が重くなってしまう危険も。

どうしても改善しない、自分ではやる気がおこらないなら、早めに専門家に相談し、漢方やホルモン補充療法(HRT)などで和らげる方法をとってくださいね。

スポンサードリンク