女性ホルモンとイソフラボンとエクオールの関係は?

更年期特有の症状が起こり始めると、イソフラボンを摂らなくちゃ!と大豆製品を積極的に食べ始める女性は多いと思います。しかし、最近はエクオールという名前もよく耳にしませんか?

実は、女性ホルモンを補う努力として大豆製品を多く摂るようにする、という今までの常識が崩れ始めており、摂るべきはイソフラボンではなくエクオールなのです。

40歳を過ぎたなら、イソフラボンとエクオールの関係や違いなどについて知っておきましょう。新たな常識を得て正しい対処をすることで、更年期をより快適に過ごすことができるようになりますよ。

スポンサードリンク

イソフラボンとエクオールの違いとは?

イソフラボンとエクオールは、似ているようでちょっと違うものです。両者の違いについてカンタンに説明します。

イソフラボンとエクオールの違いとは?

イソフラボンとは?

イソフラボンというのは、大豆に含まれる成分のこと。

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、ホルモンバランスを整えたいときに摂取すれば、生理不順を改善したり、更年期障害が軽くなったり、お肌の調子を整えることができます。

エクオールとは?

ではエクオールとは何かというと、イソフラボンを摂取したあとで、腸内細菌により変換された物質のことです。

しかし、この腸内細菌は誰もが持っているわけではないので、大豆製品を食べたり、イソフラボンのサプリを摂取した人が、誰でも体内でエクオールに変換させられるわけではありません

欧米人の場合はわずか2割~3割程度の変換率なのですが、古来より大豆製品を食べる習慣があった日本や中国・台湾などに住む人は、およそ半分ぐらいが変換できるといわれています。

イソフラボンを摂取した人全員が、体内でエクオールに変換して、その恩恵を受けられるわけではないので、これまであまり効果を感じられなかった人は変換できない体質の可能性があるのです。

エクオール=スーパーイソフラボン

イソフラボンがエクオールに変換されると、女性ホルモンのエストロゲンにより近くなるため、それだけホルモンバランスの乱れを整えやすくなります。

エクオールはスーパーイソフラボンとも呼ばれています。女性ホルモンの不足を補いたいときは、最初からエクオールのサプリを摂取しましょう。

体内でイソフラボンから変換させる必要がないので、そのための腸内細菌を持っていない人でも、効果を得ることができますよ。

女性ホルモンとイソフラボンとエクオールの関係は?

女性ホルモンのエストロゲンは、妊娠や出産の際に必要なものですし、骨や皮膚の生成をサポートしたり、自律神経を整え、心を安定させるのにも不可欠なものです。

しかし、加齢により年々減少していくので、それとともにさまざまな老化現象や更年期症状があらわれるようになります。

慢性的な体調不良に悩まされたり、情緒不安定になるなど、身体と精神に影響が出るようになるので、若々しさをキープしたいなら、足りない分を補給しなければなりません。

女性ホルモンとイソフラボンとエクオールの関係は?

イソフラボンよりエクオール

女性ホルモンと似た働きをする成分といえば、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品から摂れるイソフラボンですが、これが腸内細菌によって代謝されて作られた成分がエクオールになります。

スーパーイソフラボンと呼ばれているエクオールは、女性ホルモンに似た作用があるため、閉経前後に起こる更年期障害を和らげたり、生活習慣病の予防や、美肌を保つ効果も期待できます。

イソフラボンではダメな人も!

エクオールは人間の体内でも作り出せるものですが、研究によると、欧米人では3人に1人、日本人では2人に1人が、作るために必要な腸内細菌を持っていないことが判明しました。

ゆえに普段からイソフラボンなどのサプリを摂取していたとしても、エクオールに変換できない人の場合は、ほとんど意味がないということになります。

体内でエクオールを十分に作り出せない人は、イソフラボンのサプリを飲むのではなく、エクオールのサプリを直接摂取して、女性ホルモンの代わりにするのが望ましいということになるのです。

スポンサードリンク

エクオール検査キットでイソフラボンが足りているかわかる!

これまで積極的に納豆や豆乳を口にしたり、イソフラボンのサプリを摂取してきたけれど、いまいち効果を実感できなかった、という人は、体内でエクオールに変換するための腸内細菌を持っていない可能性があります。

持っていない人が大豆製品やイソフラボンのサプリを摂取しても、あまり効果を得られないため、腸内細菌があるかどうかを調べたいときは、検査を行うようにしてください。

エクオール検査キットでイソフラボンが足りているかわかる!

ソイチェック

ソイチェックというエクオール検査キットを使えば、尿中のエクオール量を測定できるので、体内で作れるかどうかを、尿検査で簡単に調べられます。

エクオールが体内で作られていたかどうかを数値で示すことができますし、全国の測定者の数値と比較し、レベル分けをして提示しているので、今後どのようにホルモンケアをしたらいいのかの参考になります。

エクオールがほとんど作れないなら、大豆製品を一生懸命食べたりイソフラボンのサプリを摂取するよりも、直接エクオールを入れてしまえばいいわけです。

40歳を過ぎたら検査しよう!

検査キットを使えば、わざわざ病院に行かなくてもエクオールを作れる体質かどうかがはっきりわかるので、40歳を過ぎたら一度チェックしてみるといいですね。

検査キットに同梱されている採尿容器に尿を入れた後、返信用封筒に検査依頼書と一緒に送れば、約10日ほどで結果が届くので簡単です。

手ごろな費用で結果を知ることができるので、体内でエクオールを作れるかどうかが気になる人は、検査キットを利用しましょう。

まとめ

女性ホルモンを補うにあたり、イソフラボンとエクオールの違いやその関係などについて、またエクオールが作れるかどうかを検査するキットがある、ということをお伝えしました。

普段から豆腐や豆乳などの大豆製品はしっかり取ってるから大丈夫!という考えは間違っています。多く摂ることと、エクオールが作れる腸内細菌を持っていることは別だからです。

自分の体質によって、どちらを摂ればいいのかが検査キットでカンタンに分かれば、サプリのムダをしなくて済むので便利ですよね!

スポンサードリンク