更年期に太る・むくみがヒドくなる理由

40代以降の女性が更年期に入ると、人によっては太る・むくむという症状に悩まされるようになります。これは単なる中年太りなのか、更年期障害のひとつなのか迷いますよね。

そもそも、この時期に太ったりむくんだりする理由をちゃんと知っていましたか?

原因を知ることで、対処もやりやすくなります。サプリや漢方をうまく使うことで、不調を吹き飛ばしましょう!

スポンサードリンク

更年期に太る理由とは?

更年期といえば、40~50代の女性が必ず迎える時期です。いわゆる中年でもありますが、中年太りするのは仕方のないことなのでしょうか?

この年頃の女性が太るには、ちゃんとした理由があります。

エストロゲンの減少

40歳を過ぎたあたりから、女性ホルモンが減少し始めます。一般的に女性ホルモンというと、女性らしさをつくるエストロゲンを指すことが多いのですが、脂肪を分解して肥満を防ぐ働きもあります。

バストやヒップをふくよかにし、ウエストをくびれさせてくれたのはエストロゲンの作用によるものなのです。

そんなエストロゲンが減っていくため、女性らしいメリハリのあるプロポーションが保てなくなる、というのがその理由なんですね。

更年期に太る・むくみがヒドくなる理由

若い頃と同じ食生活

もちろん、この年になるとみんな太ってしまうというわけではありません。加齢によって基礎代謝が落ちてくるのに、若い頃と同じような食生活を続けていませんか?

食べる量が同じでも、女性ホルモンの減少により体脂肪が増えて太りやすくなります。

残念ながら、どちらの理由で太ってしまうのかは区別がつきません。まずは、運動量と食事内容に思い当たることがないかどうか、生活習慣病ではないかをチェックしてみてくださいね。

太る理由として考えられる病気

短期間でブクブクと太る、体重が増える影には、病気が隠れているかも知れません。更年期の症状のいくつかは、別の病気によって起こる症状と似ていることがあります。

たとえば、甲状腺の働きが低下することにより全身の代謝が落ちて、体重増加などの変化が起こる病気に甲状腺機能低下症があります。

40代女性の10人にひとりがかかるといわれている橋本病。甲状腺の機能障害を発症しやすい時期は40~50代と、ちょうど更年期と重なってしまっています。

血液検査で診断はできますので、あまり食べないのに太る、とか、なんだか疲れやすい、などと感じるなら調べてもらうといいでしょう。

更年期のむくみの理由は?

むくみの症状が、常にあるのか時々なのかも注意してみておきたいところです。

PMS経験者

PMS(月経前症候群)の症状として、むくみが既にあった方もいらっしゃることでしょう。アメリカでは、PMSがあった人は更年期障害が起こるリスクが高いという調査結果があります。

生理周期の間、女性ホルモン量は上下します。この変動で身体にかかる負担に耐えられない場合、不調が起こりやすいといわれています。

そのため、若い頃からむくみがあった人は、より女性ホルモンの変動が起こる更年期にむくみが現れやすくなるというワケです。
更年期に太る・むくみがヒドくなる理由

加齢によるもの

加齢によって腎機能が衰えてきたり、血管が固くなってくると、さらにむくみやすくなりますし、筋力の衰えによる血やリンパの滞りから、むくむことも。

毎日、少しでも運動をしたり、湯船の中やお風呂上がりにリンパマッサージをしたり、寝る前にストレッチをすることなどで、ある程度はむくみを防止することができますよ。

むくみの理由として考えられる病気

前述の甲状腺機能低下症も、むくみが出やすい病気のひとつです。

また、むくむだけでなく、手足のこわばりが起こるなどの症状も併発するなら、膠原病やリウマチといった可能性も考えられます。

他にも、腎臓病や心臓病などの内科的な病気も当てはまることがありますので、違和感を感じたら念のため受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

サプリや漢方で更年期に太ることやむくみを改善できる?

サプリや漢方に共通することは、未病の段階から取り入れられる方法であるということですよね。逆に、薬ではありませんので、その作用は穏やかです。

サプリによるケア

更年期に起こる症状の多くは、エストロゲンが急に減ることが原因の不調です。エストロゲン様の働きが期待できるサプリをとりいれることで、補っていこうというのがその役目。

ですので、これをとれば痩せるというような直接な作用はありませんが、身体のリズムが整ってくるということから、むくみが楽になったという声があります。

エクエル

エクエルは、大豆胚芽を元に乳酸菌を使って作られています。抽出・合成・濃縮などを一切行なっていない自然なエクオール含有食品(スーパーイソフラボン)です。
>> 【大塚製薬】エクエル

エクオール

「命の母」からエクオールのサプリも出ています。めぐりに大切なヘスペリジンやブラックコホシュ、テアニンなどがバランスよく配合されています。
>> 【小林製薬】エクオール

漢方によるケア

西洋医学で更年期障害のような不定愁訴を治療するのは、なかなか難しいことです。一方、漢方薬は症状に対する治療なので、このような不調の改善が得意なのです。

さらに、ひとつの漢方薬で多くの症状を緩和させることができるなど、多くの不調を少ない漢方で補うことが可能ということもあります。

太りやすい、むくみやすいだけじゃなく、イライラする、不眠がある、といった多岐にわたるトラブルを同時に解決してくれるという期待が持てるのです。

即効性はありませんので、効果が出るまでには個人差があり、おおむね1~3ヵ月といわれています。

サプリや漢方で更年期に太るのを改善できる?

漢方は個々の体質や症状にあったものを選ぶことが大切です。漢方には副作用がない、と思っていらっしゃる方もみえますが、生薬でアレルギーを起こすこともあります。

たとえば少数ですが、「甘草」の成分でむくみを起こす方も。人によって選ぶべき漢方は変わりますので、自己判断ではなく、漢方医などに相談して始めるのが望ましいです。

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

体力のある方でお腹の脂肪が気になる方向け。肥満症の効能があります。。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

疲れやすく汗をかきやすい方の水分代謝を促して、むくみや水太りを緩和する作用があります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

痩せていて体力のない方向けで、体内の余分な水分の排出や血の巡りをよくして、むくみを緩和する作用があります。

命の母A

更年期障害といえば命の母、というくらい定着しているブランドです。13種類の和漢生薬と各種ビタミンの複合薬で第2類医薬品です。<小林製薬>

ルビーナ

漢方処方「連珠飲(れんじゅいん)」にもとづく漢方薬で、血のめぐりを良くして体を温める四物湯(しもつとう)と、水分代謝や乱れた自律神経のはたらきを整える苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)が処方されています。<武田薬品工業>

まとめ

ここでは、更年期に太る・むくみが出るといった現象についての理由と、サプリや漢方による作用をお伝えしました。

更年期症状の緩和のために飲むサプリや漢方は、ビタミンなどのようにずっと飲み続ける必要はありません。

とってみて体調が良好になってくれば、徐々に量を減らしたり中止しても良好な状態を保てることがありますし、更年期を過ぎてしまえばお役御免です。

とはいっても、漢方薬だけに頼ることのないよう生活習慣や食事を見直し、体力や気力を十分に養うことが大切ですよ。

スポンサードリンク