ルプルプ カラートリートメントの効果的な使い方のコツ

40代50代ともなると、どうしても白髪の悩みが出てきますよね。美容院でしっかりカラーリングしても、1週間もすれば新たな白髪が生えてきちゃう・・・><

けど、出てくる度に染めてたら、相当髪が傷んでしまうし、かと言ってそのままにしておくなんて絶対にイヤ!

となると、自力ヘアカラーで染めることを考えるしかありません。なるべくカンタンで、ラクで、染まりの良いものが欲しい!

そんな思いの元、利尻、シーラボ、DHC、HRK、くろめ、レフィーネetc…と、いろんな白髪染めを使いまくってきたけど、90点あげられる優秀なヘアカラートリートメントはルプルプだけでした。

ルプルプ白髪染めカラートリートメントの効果的な使い方とコツ、おすすめの色味や色移りなどについてまとめておきます。


ルプルプ カラートリートメントの効果的な使い方のコツ

毎日カラートリートメントをするのって、けっこうめんどくさいんですよね。実は、「毎日使える」という白髪染めは、毎日使わないと染まりません。

毎日のように使わないと、すぐに色落ちしてしまうカラートリートメントが多い中、ルプルプなら最初の3回だけ連続使用すれば、あとは週に1回でいいんです。ずぼらさんには助かりますね。

乾いた髪に使う方がよく染まる!

私は、基本的にはルプルプをお風呂に入る前に使っています。乾いた髪に馴染ませておいて、後からシャンプーする使い方です。

この方がバッチリ染まるので、いつもそうしています。

しかし、うっかり忘れたときはシャンプー後に染めるしかありません。それでも他社の白髪染めに比べたら、ちゃんと染まるのでご安心を。

ルプルプ カラートリートメントの効果的な使い方のコツ

美容院の合間に使う

私は大体40日周期くらいで、美容院でのカラーリングをしています。ちなみに、全体染めと根元・顔周りの部分染めを交互にするスケジュールです。

オーガニックに近い薬剤を使っているところなのですが、やはり頻繁に染めるとそれなりに髪が傷むということで、ギリギリの間隔なのです。

けど、生え際って10日もすれば白くなってきますよね。これがガマンできないので、少しでも白髪が気になると自分で染めることに。

そこで登場するのがルプルプ。ざっくりと根元だけに塗布して使っています。全体染めをしないので、そんなに減りません。2ヶ月に1回の注文で事足りるんです。

繰り返し使っても髪はまったく傷まず、むしろツヤが出てくるくらい優秀ですよ。

コスパ最高!1回400円!

そして、定期購入していると、1本3,000円ほどなので、コストパフォーマンスもなかなかのものです。

セミロングの私の髪だと7~8回くらい使えるので、1回あたり400円前後。新たに生えてきた根元の白髪だけなら、もっと使えますよ。

開封してから時間が経ってしまっても、ルプルプなら染めるチカラはそんなに落ちません。(メーカーによる目安は半年以内です。)他社は時間の経過とともに、染まりづらくなっていくんですよね。

ルプルプのデメリット

と、いいことばかり並べてみたけど、マイナス10点ポイントが2つあります。

ひとつは、容器が固めなので、最後まで使い切るのがけっこう大変なこと。今は何かしらに全部を絞りきって使うことでしのいでいます。

ルプルプ カラートリートメントの効果的な使い方のコツ

もうひとつは色移りすること。これについては後述します。

いろんな白髪染めカラートリートメントを10社近く使ってきましたが、イヤな臭いもないし、染まりやすくて落ちにくいし、髪も傷まない。カラートリートメントなら、もうルプルプ以外は使えません。

ルプルプ カラートリートメントの色味は?おすすめは?

髪が緑っぽくなってしまう某昆布のカラートリートメントがありましたが、ルプルプは自然に地毛に馴染んでくれる色に染まります。

用意されているカラーは全部で4色。上から順に、暗くなっていきます。

  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

ルプルプでおすすめの色は?

40~50代女性なら、ダークブラウンがいちばん馴染むと思います。ブラウンではちょっと明るすぎますし(オレンジっぽくなる)、ブラックに近づくと重くなります。

ルプルプ カラートリートメントの色味は?おすすめは?

今まで一度も美容院でヘアカラーをしたことがないのなら、地毛に近い色を選んでもいいのですが、ヘアカラー経験があるなら、真っ黒の髪ではないと思いますので、ダークブラウンかモカブラウンがおすすめです。

もし最初に2本購入するなら、どちらも1本づつにしてみて比べるといいでしょう。

>> ≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

ルプルプは色移りする?色持ちは?

洗えば落ちる、という触れ込みでも、ジェルネイルに色がついてしまうものもあるけど、
ルプルプは割りと落ちる方だと思います。

しかし、ネイルの素材にもよって染まりやすいものがあるかもしれませんので、ジェルネイルなどをしている場合は手袋を使ったほうが無難です。

すすぎが不十分だと色移りします!

どんなに一生懸命すすぎを行ったとしても、必ずタオルドライの際に、使ってたタオルに色移りします。これでもか!というくらい、長い時間すすいでいるのに。。。

また、外で髪が濡れると大変なことになります。うっかりプールに入ってしまったり、けっこうな雨にうたれてしまったり、スポーツなどで汗をかいたら大変です。黒い汗が流れますw

ホットヨガをすると、毎回流れる汗に若干の色がついているため、ヨガマットに垂れた汗で、放っておくとシミができてしまいます。マットをこまめに拭くしか対処できません。

スポーツの際には髪をしっかり結ぶとか、ヘアバンドに汗を吸わせるなど、なるべく汗を垂らさないような工夫が必要になります。

まぁこれはどのヘアカラートリートメントを使っても同じことなのですが、特に夏場は使いにくいってのが残念なところですね。

ルプルプは色移りする?色持ちは?

ルプルプの色持ちは?

あくまでも表面のみに色を入れるヘアカラートリートメントですので、シャンプーするたびに少しずつ色は落ちていきます

そのまま染め直さなければ、2~4週間ほどで元の髪色に戻ります。

髪表面が色落ちしていなくても、どうしても生え際の新しい白髪は目立ちますので、早く髪が伸びる人は早めに染めるようにするといいですね。

まとめ

ルプルプ白髪染めヘアカラートリートメントの効果的な使い方やコツ、おすすめの色味や色移りに関する注意などについてお伝えしました。

美容院で白髪染めをする場合には、前後1週間は使わないことが推奨されています。うっかり間を詰めて美容院で染めてしまうと、意図しない色味に変化してしまうことがあるからです。

私はまだルプルプではそんな経験をしていませんが、以前に利尻昆布のカラートリートメントと美容院の併用で、深い緑色の髪になってしまったことがあります。

と、いろいろな制約はあるものの、やっぱり白髪を自力で優しく染められる利点は大きいですね~(*^^*)