エイジングケア化粧水で50代におすすめなのは?

とにかく乾く50代のお肌!これからの季節は恐怖ですよね。

部分的に乾燥肌のある私は、寒い季節が近づいてくるとブースターとして保湿化粧水を1本プラスするようにしています。

お高い化粧品をラインで揃えなくても、お肌に合うプレ化粧水が見つかれば、秋冬の乾燥も怖くありません。

50代の乾燥肌対策としても、シワやたるみ解消としても、プロテオグリカン配合のエイジングケア化粧水がおすすめということで、さっそくお試ししてみました。

コレ、今季も乾く心配をしなくてすみそうです♪


プロテオグリカン化粧品をお試ししてみた!

最近、テレビや雑誌などでも注目されている美容保湿成分として、ヒアルロン酸と比べて約1.3倍の保水力を持つとされるのがプロテオグリカンです。

特にエイジングケア化粧品に入っていることが多い水溶性の成分で、歳を重ねて乾きやすくなったお肌の潤いを逃がしにくい性質があります。

そんなプロテオグリカンが配合されているだけでなく、ナールスゲンというさらなるエイジングケア有効成分が使われているナールスピュアという化粧水を使ってみました。

プロテオグリカン化粧品をお試ししてみた!

ナールスピュアの使い心地は?

真っ赤なボトルですが、化粧水自体はサラッとした透明な液体。

保湿効果が高いプロテオグリカンの化粧水ということで、ベタつきがあるんじゃないか、重い感じがするんじゃないか、と想像していましたが、使ってみたらサラッとしていてとても軽いテクスチャーでした。

お風呂上がりにナールスピュアをなじませておくことで、着替えたり髪をブローしている間の乾燥をしっかり防いでくれますし、その後のスキンケアもより浸透しやすくなって一石二鳥♪

使い始めてから数日は、日によってその後のスキンケアを忘れてしまうくらい潤って、これならオールインワン化粧水として使えるかも、とウキウキしてしまいました。

しかし、それも最初だけ。やっぱりこれだけでは時間の経過とともに乾燥を感じるようになり、手持ちのスキンケアを使いました。

プロテオグリカン化粧品をお試ししてみた!

さすがにパパっと顔に乗せればグングンと染み込んでいく、なんてことはなく、手のひらでしっかりとプレスする必要があります。

どんなに重ねてもベタつかない!

プロテオグリカンには、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす働きやEGF様作用もあるとのこと。

そのため、年齢が出やすいエイジングサインでもある目の周りとか、ほうれい線とか、乾燥やシワが気になるところには重ね付けをします。

ただし、ここをしっかりやってしまうと、後のスキンケアを忘れてしまうことがあるのでほどほどに~(笑)

ベタベタすることなくもっちりしてくるので、思わずニンマリしてしまいます!

この後、忘れないうちにいつものスキンケアをするだけで、いつも以上に潤ってることがちゃんと実感できました。

特別なブースター美容液やプレ化粧水じゃなくても、最新の研究とオール日本製のプロテオグリカン化粧水ということで、本当にお肌に良いものが使えているという安心感があります。

ナールスピュアが買えるところは?

このナールスピュア化粧水は楽天やamazonでも購入できますが、初めての購入なら公式サイトが30%オフとなるため、いちばんオトクです。しかも、定期購入ではありません。

さらに、もしお肌に合わなかったら、30日以内は返品が可能なのも良心的ですね。

お肌の潤い不足を感じたら、こういったプロテオグリカン化粧水を洗顔後に取り入れてみるのが、コスパもよくて手間もかからないひとつの方法だと思います。

>> エイジングケアの本気習慣【ナールスピュア】

エイジングケア化粧水で50代におすすめなのは?

ニキビや脂性肌などで悩んだ10~20代とは違い、50代ともなると次のような肌悩みをもつ方が多くなってきます。

乾燥肌が選ぶべきエイジングケア化粧水は?

  • シワ
  • シミ
  • 乾燥
  • たるみ
  • くすみ
  • ハリ低下
  • ほうれい線
  • 毛穴の開き

これらすべての肌悩みのカギは、徹底的な保湿です。お肌の潤い不足が、ほうれい線などのシワやたるみ・くすみを引き起こします。

歳を取れば取るほど、保湿をいちばん大切にしなくちゃいけないというわけです。外から保湿成分を補うだけでなく、それらを維持するための保水力がものをいいます。

いままでの保湿化粧品の主力だったヒアルロン酸の約1.3倍の保水力をもつプロテオグリカンは、線維芽細胞を用いた実験でコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果が認められている優秀な成分です。

化粧品も年々進化しています。プロテオグリカン配合の化粧品は増えてきていますので、シワやたるみ対策をしたい!という深刻度が増す50代は、ぜひ取り入れましょう。

乾燥肌が選ぶべきエイジングケア化粧水は?

たとえば子育て中の女性など、ゆっくりとスキンケアを行う時間が取れない忙しい女性を中心に、オールインワンゲルやオールインワン化粧水がもてはやされています。

しかし、乾燥肌の方で特に50代女性となると、いくらエイジングケア化粧品を使っていたとしても、化粧水だけで保湿&保水をすることは難しいと思います。

お肌が潤いを保つ成分を増やし、定着させ、乾かない環境をつくってあげるスキンケアを意識しましょう!

しっかりしたメーカーのプロテオグリカン化粧品を使うことで、それほど難しいことなく実現できると思います。

右手と左手で塗り比べてみた結果がスゴイ!

しかし、それには目に見えて効果がないと、なかなか長続きしないものです。

60代女性で、自分の手でナールスピュア化粧水を塗る&塗らないという実験をして、その効果を確かめてみた方がいらっしゃいます。

エイジングケア化粧水で50代におすすめなのは?

シワ、ツヤ、ハリ、色 などなど、明らかに違いますよね。

これは、自分でも試してみたい!!ホントは顔で比べてみたいけど、さすがにその勇気はありませんので、私も手やカサつきがちなヒジなどでやってみることにします♪

まとめ

プロテオグリカン化粧品の「ナールスピュア」をお試ししてみました。

エイジングケア化粧水を使って50代女性が乾燥肌対策をしようと思うと、どんな保湿成分が含まれているかというのがとても重要です。

「いま使っているスキンケア製品は肌に合っているとは思うんだけど、ちょっと物足りない」とか「たまに乾燥を感じるときがある」なんてこと、ありますよね。

そんなとき、化粧品一式をわざわざ変えることをしなくても、ブースターやプレ化粧水としてプロテオグリカン化粧水を取り入れてみると解決する場合もあります。

コレがあれば大丈夫!という救世主を1本みつけておきましょう!