女性でもヒゲや顔の産毛が濃い原因をチェック!

男性でムダ毛が一切ない人もいらっしゃるように、女性なのにヒゲや産毛が濃いという人もいらっしゃいます。しかし、急に濃くなったら「なにごと!」と思っちゃいますよね。

女性で顔の産毛やひげが濃くなる場合の原因や急に男性ホルモンが増えた理由について、いくつかまとめてみました。

あなたに当てはまる状態をチェックして改善することで、突然太くなったりしたヒゲも解消されるはずです!


女性でもヒゲや顔の産毛が濃い原因をチェック!

「顔にヒゲが生えるのは男性だけ」とイメージしている方は多いのですが、ヒゲや産毛が濃くなる症状は女性にも当てはまります。

  • 鼻の下や顎の部位にヒゲが生えてきた
  • 剃っても剃っても次々と生えてくる
  • 産毛ではなく硬いムダ毛が生えている

こんな悩みを抱えている女性は案外多く、20代の若者から50代まで年齢はさまざま。また、アンケートを取ってみると、以下のような結果も出ています。

どの部位の体毛で悩まされていますか?

どの部位の体毛で悩まされていますか?

1位 足の毛(52.0%)
2位 ワキ毛(51.4%)
3位 腕の毛(49.0%)
4位 顔の産毛(46.0%)
5位 眉毛(40.4%)
(複数回答)

足や脇の下など夏場に露出する部位はもちろんのこと、一年中ずっと他人の目に触れる顔のヒゲや産毛も気になりやすいことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

男性と同じように女性のヒゲが濃くなる原因についてまとめていますので、自分はどこに当てはまるのか、チェックしてみてくださいね。

男性ホルモンの働きが強く出るホルモンバランスの乱れとは?

更年期の女性は加齢によってホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンの働きが強く出やすいのがヒゲや産毛が濃くなる原因の一つです。

そもそも、女性の身体には2種類の女性ホルモンが流れていて、下記のように違った働きをします。

エストロゲン(卵胞ホルモン)
髪の毛や肌の潤いを保ったり女性らしい丸みを帯びた身体を作ったりする

プロゲステロン(黄体ホルモン)
受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態を作り、妊娠を助けるのが大きな働き

この2つが上手くバランスを保って、カラダをコントロールしているのですが、20代をピークにして30代40代と年齢を重ねるにつれて減少していくのが特徴です。

そうなると、普段は動きを抑制されて機能するはずのない男性ホルモンが優位となり、今までは産毛程度しかなかった体毛が、ヒゲに見えるくらい太くなると説明すれば分かりやすいでしょう。

  • ヒゲが生えたり体毛が濃くなったりする
  • あごにニキビや吹き出物が形成されている
  • 攻撃的な性格になる

これらの症状は、男性ホルモンの方が多くなると引き起こされやすいものです。これは、加齢による女性ホルモンの分泌量の低下と身体における自然現象なので仕方ありません。

かと言って放置していると、美容面では大きな痛手となってしまいます。顔のヒゲで悩む女性なら、ムダ毛をケアできるクリームなどを使うといいですね。

たとえば、NOISU(ノイス)の中には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンやザクロエキスなどの成分が入っています。

豊富な成分による作用で、さまざまな角度からムダ毛ケアをアプローチしてくれるクリームです。朝の洗顔後や夜のお風呂上がりに使用するだけと、使い方も簡単です。

>> noisu<ノイス>を見てみる

日々の生活の中でストレスを抱えている

日々の生活の中でストレスを抱え込んでいる女性は、ホルモンバランスを崩してヒゲや産毛が濃くなる傾向にあります。

しかし、私たちが生きていく中で何かしらのストレスを感じるのは普通ですよね。どんな種類に分けられるのかいくつか挙げてみましょう。

  • 季節の変化による気温の上下や気圧の変化などの物理的なストレス
  • 空気汚染や騒音、タバコの副流煙などの化学的なストレス
  • 細菌や花粉などのアレルギーを中心とする生物学的なストレス
  • 家族との別居や離婚、仕事の人間関係などの精神的なストレス

これらのストレスを受けて上手く発散できないと、脳がダイレクトに影響を受け、ホルモンバランスが崩れていくというメカニズムです。

まだ女性ホルモンの減少が始まっていないのにも関わらず、ヒゲが濃くなったりあごにニキビができたりと顔に変化が出たら、ストレスによる影響だと考えてよいでしょう。

ストレス解消方法をいくつか持っておくといいですね。

偏った食生活を送っている

「ヒゲとは特に関係性がない!」と考えている女性はいますが、偏った食生活にも十分に注意しなければなりません。

偏った食生活もヒゲや顔の産毛が濃い原因に

  • 食事の時間が決まっていなくて毎日バラバラ
  • インスタント食品や出来合いのお惣菜ばかり食べている
  • 肉類や乳製品が多くて野菜や魚を食べない
  • 身体の中に取り入れる栄養素が偏っている

このような原因でホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンが優位な状態になれば女性でも鼻の下やあごのヒゲが濃くなります。

中でも動物性脂肪や糖質の過剰摂取には注意しなければならず、日頃から意識して野菜類や魚類も食べてバランスに気を配りましょう。

睡眠不足の状態が続いている

女性の身体は考えている以上にデリケートで、睡眠不足が続くことで簡単にホルモンバランスが崩れてしまいます。

  1. 仕事やプライベートが忙しくて睡眠時間が減少して疲れが溜まっている
  2. 女性ホルモンが男性ホルモンを抑える力が弱くなる
  3. 同時に自律神経が乱れて男性ホルモンが活発に働く

こういったメカニズムで女性でもヒゲや体毛が濃くなりやすく、「夜ふかししている」「単純に睡眠時間が短い」といった方は注意しなければなりません。

女性ホルモンの分泌は、脳が深く眠っているノンレム睡眠の時に盛んになりやすい特徴があります。

睡眠の質を高めるためにも、自分に合う寝具やパジャマを購入したり、アロマでリラックスしたりしてみてくださいね。

アロマオイルの睡眠導入にはリラックス効果が!使い方と香りの選び方

まとめ

女性なのに顔の産毛やひげが濃い原因や、急激な男性ホルモンの増加理由などについてお伝えしました。

ストレスや不摂生は、何かしらカラダに悪い影響を与えるものです。それがいつくるか、どこにくるかは人それぞれなので、後からしまった!と思っても遅いんですよね。

ある程度の年齢になったら、ちょっとぐらい無理しても大丈夫と過信することなく、健康的な生活を心がけたいものです(*^^*)