ヒゲや産毛が生えやすい女性の特徴は?

ヒゲや産毛が生えている女性なんてイヤですよね! しかし、ふと気がつくと産毛がはびこっていた・・・なんてことがあるんじゃないでしょうか?

ヒゲや産毛が生えやすい女性の特徴を知り、またヒゲや産毛を薄くする効果的な対策方法を知っておきたいですよね。

女性のヒゲや産毛を薄くするために、必要なお手入れ方法について知っておきましょう!

スポンサードリンク

ヒゲや産毛が生えやすい女性の特徴は?

男性だけではなく、女性も年齢に関わらずヒゲが生えたり産毛が濃くなったりという悩みを抱えることがありますよね。

ヒゲや産毛が生えやすい女性の特徴をいくつか挙げてみましょう。

  • 年齢を重ねて女性ホルモンの分泌量が減少している
  • 仕事の忙しさやプレッシャーなど精神的なストレスを抱えている
  • インスタント食品やファストフード食品の過剰摂取で栄養素が偏っている
  • 睡眠不足で脳の働きが悪化し、ホルモンを分泌させる指令が上手く出ていない

こういった要因でホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンが優位になるとヒゲが生えたり濃くなったりします。

加齢による影響は仕方がありませんが、不規則な生活習慣を送っている女性ほどヒゲや産毛の悩みを抱えやすくなるという特徴がありますので注意しましょう。

女性のヒゲや産毛を薄くする効果的な対策方法をチェック!

女性のヒゲの手入れに抑毛効果を持つクリームを塗る

顔の目立つ部分にヒゲや産毛が生えているのに、「私は特に気にしない」という女性なんてほとんどいませんよね。(中にはそのままナチュラルな人もいますがw)

  • 見た目のイメージが悪くなって美容の妨げにもなる
  • 頻繁に処理しなければならないから面倒臭い
  • 女性らしさが損なわれる原因となる

上記のような悩みを抱えるのが一般的で、「何とか薄くしたい」と考える女性は多いことでしょう。

そこで、女性のヒゲや産毛を少しでも薄くする効果的な対策方法をピックアップしました。日々の生活の中で、どんなケアを行えば良いのかチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

女性のヒゲの手入れに抑毛効果を持つクリームを塗る

身体の外側からの対策として、抑毛効果を持つクリームを塗布するのはヒゲや産毛の対策として実に効果的です。

  • 鏡を見たら鼻の下の産毛が濃くなっている
  • フェイスラインにヒゲがうっすらと生えている
  • 口周りの化粧ノリが悪くて白浮きしている

こういった悩みを抱えている女性のために、ドラッグストアやネット通販ではムダ毛を抑えるクリームがいくつも販売されています。

その中でもさまざまな年代の女性から高い支持を得ているのがNOISU(ノイス)で、抑毛しながら顔のスキンケアを行って、くすみのないツルツルの透明感のある肌へと導いてくれると評判ですね。

ヒゲの処理ではなく、自然な形で薄くできる点が脱毛クリームとは異なり、NOISU(ノイス)の愛用者200人がどのくらいの期間でムダ毛が気にならなくなったのかというアンケート結果は次のとおりです。

1ヵ月目
47%
2ヵ月目
31%
3ヵ月目
20%
覚えていない
2%

カミソリや電気シェーバーによる刺激は一切加わりませんし、優しく天然成分にこだわったクリームを顔の気になる部分へと塗布するだけでOKなのがカンタンでいいですよね。

ヒゲや産毛が生える原因とされている女性ホルモンの低下にスポットを当て、イソフラボンや黒ダイズエキス、エクオールなどムダ毛ケアに欠かせない成分が含まれていますので、抑毛クリームのNOISU(ノイス)を使って対策してみるのもいいかも。

>> noisu<ノイス>

女性のヒゲの手入れに抑毛効果を持つローションを塗布する

「乾燥肌でカサカサしている」「肌の潤いが不足している」といった女性は、ヒゲを薄くしながら肌へと潤いを与えるために、抑毛効果を持つローションの使用がおすすめです。

大豆イソフラボンやザクロエキスなど、ムダ毛をケアする成分が多く含まれていると、こういった効果が期待できます。

  • ヒゲや産毛を目立たなくさせる
  • 太い毛を細くする
  • 毛の生える速度を遅らせる

ヒゲや産毛が全く生えてこなくなるわけではないものの、毎日塗布することで女性が抱えやすい悩みを解消できるという商品です。

クリームよりも肌に潤いを与える効果が大きく、乾燥肌や敏感肌の女性でも使えますので安心です。

パイナップル豆乳ローションやNEWコントロールジェルMEなど、多種多様な化粧品が販売されていますので、自分の肌質に合う抑毛ローションを探してみましょう。

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンのバランスを整える

仮にヒゲや産毛が濃くなったとしても、自己処理をすればキレイな肌を手に入れられます。しかし、あくまでも生えてきたヒゲへの対処ですので、根本的な改善には繋がりません。

ヒゲ自体を薄くできるわけではありませんし、自己処理の回数が増えれば増えるほど次のようにさまざまなデメリットがあります

  • 角質層へとダメージが加わって肌のバリア機能が低下し、外部の刺激から弱い状態となる
  • 肌がカサカサと乾燥し、刺激物が入り込むことでニキビや吹き出物など肌荒れにつながる
  • 炎症や刺激でメラニン色素が活性化し、肌の奥へと蓄積すればシミなど色素沈着の原因となる
  • 皮膚の再生サイクルが早まって毛穴が塞がり、内部で埋もれる埋没毛の原因となる

キレイな肌を手に入れるための行為が、逆に肌トラブルの原因となるケースも多く、内部から女性ホルモンのバランスを整える対策方法がオススメです。

女性ホルモンが正常に分泌されれば、男性ホルモンの働きを抑えてオス化して、ヒゲや産毛が生えるといった症状を未然に防げます。

具体的にホルモンバランスを整えるために何をすれば良いのか見ていきましょう。

  • 自律神経の働きを整えるために質の良い睡眠をとる(夜更かしや睡眠不足を解消する)
  • 好きなことに没頭できる時間やリラックスする時間を作ってストレスを発散する
  • ウォーキングやストレッチなどの運動に取り組み、ホルモンの働きを活性化させる
  • 女性ホルモンのエストロゲンと似た効果を持つイソフラボンを豆腐や納豆など大豆製品から摂取する
  • 甘いお菓子やスパイスなど刺激が強い食べ物、脂っこい肉類の過剰摂取を極力控える

女性は更年期が近付くと卵巣の機能が悪化し、自然と女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

20代をピークにして下がっていくのは自然現象ですので、ヒゲを少しでも薄くするために毎日の生活の中でホルモンバランスを整える努力をしてみましょう。

まとめ

ヒゲや産毛が生えやすい女性の特徴や、ヒゲや産毛を薄くする効果的な対策方法をチェックしてみました。

マメな処理はもちろんのこと、できればなるべく生えてこない環境をつくっておきたいところです。

繰り返し処理をすることでヒゲや産毛は撃退できます。そのためには、何かしらの手は打っておきましょう!