夏風邪には免疫力を高める食べ物をとろう!

夏風邪にかかってしまったとき、栄養のつくものを食べて早く治したいとも思うし、食欲不振で何も口にしたくない!という気分にもなるし、どうしていいのか困ってしまいますよね。

そんなとき、少量でも早く回復に向かうような免疫力を高める食事や、気持ち悪くても何とか口にできるおすすめの飲み物などがいくつかあります。

家に常備してなくても、いまはコンビニでも簡単に手に入る食べ物も多いし、その日のうちに届けてくれるネットスーパーもありますから、つらい時期を乗り切ることができますよ!

少しでも早く治りますように~(*^^*)

スポンサードリンク

夏風邪には免疫力を高める食べ物をとろう!

ウイルス性の夏風邪だと、治療薬がありません。なるべく免疫力を高める食事を積極的に摂ることで、しっかり免疫力アップを狙っていきましょう。

具体的には、腸からのウイルス感染を防ぐために、発酵食品を朝晩など1日2回にわけて食べるとよいとされています。弱りがちな夏の腸を守る役割がありますよ。

夏風邪には免疫力を高める食べ物をとろう!

  • 味噌汁
  • ハチミツ
  • 生姜
  • 漬物
  • キムチ
  • ニンニク
  • 大根おろし(生のままがベスト!)
  • チーズ
  • ヨーグルト

ショウガや大根おろしの辛味は、喉の痛みにも効果的です。栄養価が高く発酵食品でもあるお味噌汁はムリに具を入れなくても構いませんが、豆腐なら食べやすいですね。

具合が悪いからといって寝てばかりいても、回復がどんどん遅れてしまいます。少量を小まめに食べることで、栄養も摂れますよ。

夏風邪のときにおすすめな食べ物

風邪を引いた状態で十分な栄養を摂るのはやや難しいことですから、まずは食べられるもの、食べやすいものから徐々に口に運ぶことをおすすめします。

  • スープ(具なし)
  • 豆腐
  • たまご
  • かぼちゃ
  • ゴボウ
  • デーツ
  • りんご(すりおろしがベスト!)
  • プリン
  • ゼリー
  • アイスクリーム

ただし、アイスクリームやヨーグルトなどはお腹を冷やす可能性もありますから、お腹周りはよく温めておきましょう。室温も適温を保ち、ちょうど良い温度に設定するよう心がけてくださいね。

夏風邪時の飲み物のおすすめは?

夏風邪は喉の痛みとともに下痢をすることも多く、飲み物も怖くて飲みたくない!という気分になるものです。ですが、夏風邪に水分補給は欠かせません

では、どんなものを飲めばいいのでしょうか?

夏風邪時の飲み物のおすすめは?

  • スポーツドリンク
  • しょうが湯
  • ハーブティー
  • 赤ワイン
  • レンコン甘酒

冷え冷え&熱々にしない

病院でも、まずいちばん最初に言われるのが塩分を含むスポーツドリンクです。熱中症のときと同じですね。

たくさん飲むと糖分が多くなってしまうため、2倍に薄めて飲むのがおすすめです。また、冷えたものではなく常温のドリンクにしておきましょう。

冬の風邪のときは、カラダを内から温めて汗をかきましょうといわれますが、夏に大量の発汗があると、逆に脱水症状を起こしてしまう危険もあるため、そこまで熱い飲み物は必要ありません。

風邪の味方でもあるショウガ湯やハーブティーも、冬よりはぬるめにして飲みましょう。

ポリフェノールで撃退!

ポリフェノールが豊富な赤ワイン20ccに、ショウガ汁3~4滴を加えたショウガワインは夏風邪のひき始めにおすすめの飲み物です。

ポリフェノール+アルコール+ジンゲロールにより、抗ウイルス作用が期待できますよ。しかし、くれぐれも赤ワインだけを飲み過ぎないように!

抗酸化成分れんこんポリフェノールにも、NK細胞を活性化させてウイルスをやっつける効果があります。お酒が苦手な方は、レンコン甘酒を飲みましょう。

麹で作られた甘酒150mlに、すりおろしたレンコン30gとおろしショウガ小さじ1/2を混ぜて、電子レンジで1分ほど加熱します。味が濃ければ、お湯で薄めても構いません。

スポンサードリンク

夏風邪を早く治す食事は?

腹痛や下痢が治まってきて、もう少しちゃんと食べられるようになったらとりたい食事もいくつか挙げておきます。

  • うどん
  • にゅうめん
  • お粥
  • 雑炊
  • スープ(具あり)
  • トロトロ茶碗蒸し
  • みぞれ鍋
  • 豆乳味噌鍋

夏風邪を早く治す食事は?

温かい、消化がいい、食べやすい、ということで風邪をひいたときの定番ともいえるうどん。良質のたんぱく質を補うためにも卵を入れてみたり、ビタミンを補うためのネギや体内を温めるショウガを入れるとバッチリです。

おかゆや雑炊、にゅうめんにも、あれば卵やネギを入れましょう。

食欲がなかったときは具なしのスープやお味噌汁だった人も、食べられるようになったらかぼちゃや豆腐などの具材を入れると腹持ちもよくなります。

トロトロ茶碗蒸しは、いつものレシピの卵液をゆるめにして作るだけでOKです。完全に固まる前の、離乳食のようなプリンのような硬さにすると食べやすいです。

ビタミンB1が豊富な豚肉は、鍋に入れると食べやすくておすすめ。

夏風邪の治りかけ時に栄養価が高めの優しい食事を選ぶと、何も気を使わない食事に比べたらグンと早く治すことができますよ~

まとめ

夏風邪を早く治せるような、免疫力を高める食べ物、おすすめの飲み物、食欲が出てきてからの食事内容などについてまとめました。

ツライので好きなものでも食べられたらいい、といった考え方だと、最悪は治りが遅くなってしまうこともあるわけです。

特に、揚げ物や油ものは、しばらく(1週間は)避けてくださいね。

また、普段から免疫力アップ食材である発酵食品を常食しておくと、夏風邪予防にもなりますので、積極的に摂るように心がけましょう。

スポンサードリンク