夏風邪と熱中症が併発することはある?

なんとなく体がだるく、熱もあるし寒気もする・・・。こんなとき、夏風邪なのか熱中症なのか、なんだかよく分からなかったりしませんか?

この症状は一体どちらなのか、夏風邪と熱中症それぞれの原因と症状を比べてみると違いがハッキリします。

また、寝る時にクーラーをつけっぱなしにするのはよくない治し方なのかについてもチェックしました。

ある程度でも違いがわかれば、対処に悩むこともなくなりますよ。

スポンサードリンク

夏風邪と熱中症の違いは?

近年、地球温暖化の影響もあり、以前に比べると熱中症のニュースを耳にする機会が増えました。

その症状の中には発熱や倦怠感など、夏風邪に通じるものもありますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

熱中症の原因と症状

まず熱中症ですが、原因は体が何らかの理由で体温調節ができなくなり、体内に熱がこもるためです。

では、なぜ体温調節ができなくなるのかというと、そこには「環境」と「体調」と「行動」が大きく関わっています。

熱中症が起こりやすい環境は、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった条件のいくつかが合わさった状態で、さらに最も起こりやすいのは気温の変化が激しい季節の変わり目です。

梅雨から初夏にかけて、湿度や温度が高い時期は特に起こりやすく、朝晩の寒暖差や日々の気温の変化が激しいと体が暑さに対応できません。逆に真夏の毎日暑い時期になると、体は暑さになれて体温調節ができるようになります。

体調ですが、高齢者、乳幼児、肥満、糖尿病、精神疾患、低栄養状態、二日酔いや疲労状態などにある人は体の免疫が低いため、急な温度変化に体がついて行けずに発症しやすくなります。

行動は激しい運動、慣れない運動、長時間の屋外での作業、水分補給できない状態の場合、たとえ体は健康で真夏の暑さに体が順応していても発症するリスクは非常に高まります。

気になる症状は、軽度の場合はめまい、立ちくらみ、筋肉痛、手足のしびれ、中度になると頭痛、吐き気、寒気、ひどい疲労感、発熱、そして重度は40度以上の高熱、意識障害、運動障害が現れます。

夏風邪の原因と症状

夏風邪と熱中症の違いは?

一方の夏風邪ですが、その原因はウィルスによるもので、主にアデノウィルスエンテロウィルスコクサッキーウィルスの3つです。

風邪のウィルスというと、寒くて乾燥した冬場に増殖するイメージがあるかもしれませんが、これらのウィルスは高温多湿を好む特徴があり、夏場にかけて流行する風邪の原因となり、経口感染を引き起こします。

その症状はアデノウィルスはいわゆるプール熱といわれるもので、高熱、喉の痛み、咳、結膜炎を併発することもあります。

エンテロウィルスは手足口病を引き起こすウィルスで、発熱、口内炎、手と足に水膨れができます。

コクサッキーウィルスはヘルパンギーナや手足口病を引き起こし、39度以上の高熱、喉の痛み、腹痛、嘔吐、口内炎や手足の水膨れといった症状が現れます。

夏風邪には喉の痛みや咳といった特有の症状が出るのも、わかりやすい見分けポイントですね。

夏風邪と熱中症が併発することはある?

夏風邪と熱中症が併発することはある?

たとえば、夏風邪をひいているときに、体を冷やしてはいけないと高温多湿の中、布団で寝ていると気づかないうちに熱中症を併発してしまうこともあります。

特に風邪をひいているときには、免疫力が弱まっているため要注意なのです。

もちろん、熱中症にかかった後で夏風邪をひいてしまうこともありますので、併発する可能性はあると覚えておきましょう。

同じ症状でも原因と対処法が違う

前述のように熱中症と夏風邪の症状として、発熱、倦怠感、吐き気や嘔吐、寒気など共通する症状はいくつも存在しています。

しかしながら、原因や処置方法は全く異なり、回復までに要する時間も異なる違いがあります。

熱中症の場合は、軽度の場合は涼しい場所に移動して体を冷やし、水分補給、塩分補給をすることで症状は改善します。症状が重い場合はすぐに病院を受診するか、救急車を呼びます。

夏風邪の場合は、体内にいるウィルスが排出されるのを待つしかないため、発熱に対する解熱剤や下痢に対する整腸剤などでの対処療法は行いますが、回復までは数日から一週間程度の時間がかかります。

スポンサードリンク

夏風邪の治し方でクーラーをつけて寝る時の注意点

夏風邪にかかってしまった場合、寝る時にクーラーを使っていいのか気になる人は多いと思いますが、答えはOKです。

クーラー利用の反対派は、クーラー病になるかもしれないという懸念がその理由です。そうならないように上手に使えば大丈夫ですよ。

クーラー病にならないために

夏風邪の治し方でクーラーをつけて寝る時の注意点

もちろん体が冷えすぎないよう、28度前後の弱めの設定にすることは必須です。また、クーラーの風が直接カラダにあたることがないように、寝る位置にも気を配りましょう。

風邪を治したいときは長袖のパジャマを着るなど、あまり肌を露出しないほうが良いとされています。夏風邪のときにキャミソールに短パンなんて、もってのほかですよ!

暑すぎず寒すぎずといった室温をキープしていると、それほど喉の渇きを感じないかもしれませんが、ちゃんと水分を摂取するように気をつけましょう。

しんどくて寝ていたいとは思いますが、ちゃんと栄養のある食事を口にして、免疫力を高めることも忘れないでくださいね。

熱帯夜でも十分な睡眠がとれる環境を作ることも、夏風邪を治す近道になりますので、エアコンを上手に利用しましょう。

まとめ

夏風邪と熱中症の違いや、それらが併発することはあるのかどうかについてまとめました。また、寝る時のクーラーについても言及しています。

クーラーの温度を下げすぎたり、風の直撃を受けたりしていると、クーラー病によって自律神経が狂い、夏風邪につながることもあります。

最近は電車内や飲食店など、自分のコントロールがきかない場所でのエアコン攻撃にあうこともありますので、夏でも羽織ものやストールは持っておいた方がいいかもしれませんね。

スポンサードリンク