お中元やお歳暮の角が立たない上手な断り方とは?

いただくと嬉しいお中元やお歳暮・・・のはずですが、必ずしもそうとは言えません。

もう何年も会っていない教え子、仲人をしたけど定年退職して疎遠になった元部下、また、自分が年老いたり病気などでお礼状を出すのが困難になってきた、など、お中元やお歳暮を断りたいシーンはあるものです。

そんなとき、角が立たない断り方やお礼状の文面はきっと役に立つはずです。これでもう余計な贈り物ストレスから解放されますよ!

スポンサードリンク

お中元やお歳暮の断り方文例

お中元やお歳暮を断るときの文面は、昔からある書き方に沿った文例を使うのが無難です。自己流に崩してしまって逆にマナー違反とならないよう、形式的なものだと割り切りましょう。

品物を受け取った後に断る文例

まずは、品物をいったん受け取って、次回からは不要であることを伝える文例です。

お中元の文例

お中元やお歳暮の断り方文例

拝啓 盛夏の候、まだまだ暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
この度は、ご丁寧にもお中元をいただき、誠にありがとうございました。いつも気にかけていただき、たいへん感謝しております。ご厚意はありがたく存じますが、今後はどうかお気遣いはなさいませんようお願い申し上げます。
心苦しい限りではございますが、今後とも変わらぬお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。
略儀ながら、書面をもって御礼とお詫びを申し上げます。
時節柄、どうぞご自愛ください。 敬具
平成○年○月○日

お歳暮の文例

拝啓 師走に入り寒さも厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
この度は、お心遣いをいただきまして、誠にありがとうございます。家族も喜んでおり、全員で美味しく頂戴致しました。
この様なご厚意に対し大変心苦しいのですが、今後はこの様なお気遣いをなさいませんよう、お願い申し上げます。また、今後とも変わらぬお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。
年末ご多忙のおりではございますが、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 敬具
平成○年○月○日

品物を送り返すときに添える文例

次は、今回ももう受け取りたくないという場合に、品物と一緒に送り返すときに添えるお断り状のパターンです。

お中元の文例

拝啓 盛夏の候、まだまだ暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
毎年ご丁寧にお中元の品をお贈り頂き、誠にありがとうございました。いつも気にかけていただき、たいへん感謝しております。ご厚意はありがたく存じますが、今後はどうかお気遣いはなさいませんようお願い申し上げます。
これまで長年にわたるお心遣いに、心より感謝申し上げます。つきましては、お送りいただいたお品は、お気持ちだけ頂戴致しまして返送させていただきました。どうか気を悪くなさいませんようお願い申し上げます。
心苦しい限りではございますが、今後とも変わらぬお付き合いの程宜しくお願い申し上げます。
略儀ながら、書面をもって御礼とお詫びを申し上げます。
時節柄、どうぞご自愛ください。 敬具
平成○年○月○日

お歳暮の文例

拝啓 師走に入り寒さも厳しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
毎年ご丁寧にお歳暮の品をお贈り頂き、大変感謝しております。
大変恐縮ですが、今後はお気持ちのみありがたく頂戴したいと思っております。今後はこのようなお気遣いはなさいませんようお願い申し上げます。
これまで長年にわたるお心遣いに、心より感謝申し上げます。つきましては、お送りいただいたお品は、お気持ちだけ頂戴致しまして返送させていただきました。どうか気を悪くなさいませんようお願い申し上げます。
今後とも変わらぬお付き合いの程宜しくお願い致します。
○○様のご多幸とご健康をお祈りしましてお礼申し上げます。 敬具
平成○年○月○日

頭語と結語

こういった形式のお手紙では、頭語と結語を使うようにします。一般的には、「背景-敬具」の組み合わせを用いることが多く、女性なら「拝啓-かしこ」でもOKです。

とはいえ、親しい相手に送る手紙なら、頭語や結語は使わないで時候のあいさつから始めた方が他人行儀にならないこともありますので、臨機応変に使い分けましょう。

時候のあいさつ

頭語の次に入れるべき時候の挨拶は、月ごとに決まった定型句もありますので、それを使えば問題ありません。お中元用に7・8月とお歳暮用に12・1月の例を挙げておきます。

7月

  • 盛夏の候、猛暑の候、大暑の候
  • 風鈴の音が涼を呼ぶ盛夏となりました。
  • 小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。

8月

  • 残暑の候、残夏の候、初秋の候
  • 晩夏の候、いまだ衰えぬ暑さでございますが、
  • 立秋とはいえ、まだまだ暑い日が続きますが、

12月

  • 初冬の候、師走の候、年末の候
  • 年の瀬も押し迫ってまいりましたが、
  • 寒さも日毎に増します今日この頃、

1月

  • 新春の候、厳寒の候、初春の候
  • 寒さもいっそう身にしみる昨今ですが、
  • 凛とした冷たい空気に、風花が美しく輝くこの頃、

病気などで迷惑しているときのお中元やお歳暮の断り方

お中元やお歳暮は、絆を大切にする日本の良き習慣ではありますが、病気治療中などで、こういった習慣が負担に感じてしまう場合があります。

そのようなときには、相手に失礼のないような断り方をしましょう。

病気などで迷惑しているときのお中元やお歳暮の断り方

お礼状はすぐに出す

いくら迷惑だからと言って、「こちらからお礼をしなければ、相手も迷惑だと感づいて来年から贈らないだろう」とお礼をしないのは失礼ですし、相手にも気づいてもらえず、失敗することがあります。

お品物を頂いたら、できるだけ早くお礼状を出します。もし病床などでなかなお礼状が書けないのであれば、電話でも構いません。

もし、親戚や家族など親しい関係で気軽に話ができるのであれば、「病気治療中で大変だから、お中元やお歳暮はなしにしていただけませんか?」と提案すると、割とすんなり受け入れてもらえることが多いものです

お礼状に書くこと

お礼状には、日頃お世話になっているお礼とお歳暮のお礼、断りの一言、相手への気遣いを書きます。断りの一言は、病気治療中で色々と大変なことなどの理由も一緒に述べると、相手にも伝わりやすくなります。

また、この際はやんわりと断りましょう。「今後はこのようなお気遣いはなさらないでください」というような文章で、必ずお礼は忘れずに前後に入れるようにします。相手への配慮を忘れてはいけません。

お中元やお歳暮の消費

病気治療中などで、お中元やお歳暮をもらってもなかなか消費できない場合は、ご近所さんや親戚、ご友人などにおすそ分けするのがおすすめです。

また、入院中ならお見舞いにいらした方に、お土産として渡す手もあります。おすそ分けなら、相手も気軽にもらいやすいので、そういった方法で消費してしまいましょう。

スポンサードリンク

お中元やお歳暮の角が立たない上手な断り方とは?

そもそも、お中元やお歳暮は、日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるために贈るものです。

しかし、遠い親戚や結婚式以来合っていない仲人さんなど縁が薄く疎遠になっていたり、お礼をしなければならなかったりと、何かと面倒でそろそろ断りたいと思っている方も多いのではないのでしょうか。

お中元やお歳暮の角が立たない上手な断り方とは?

同等の品物を贈る

お中元やお歳暮の基本の断り方は、受け取ったあとで通常通りお返しをします。その際に、今後の贈り物をお断りする旨を書いたお礼状を添えます。

お礼状には、今までの贈り物のお礼や感謝の気持ち、そして今後のお中元やお歳暮をお断りしたいことを丁寧に書きます。

角が立たないようにするために、感謝の気持ちは丁寧に綴るように心がけます。

お断りする表現は、「今後は受け取りません」と言うのではなく「贈るのをやめてほしい」と言うようなお願いする形にして理由も書くと、相手も納得しやすいです。

近い親族など、気軽に話ができる人には、話し合いでもいいでしょう。

倍返しの品物を贈る

また、お中元やお歳暮のお返しをするときに、相手の倍の金額の品物とお礼状を添えて送るという方法もあります。

この「倍返し」は、今回で最後にしてほしいという意思表示になります。決して某ドラマのような、仕返しという意味ではありませんので念のため(笑)

どちらか一方を断る

また、お中元とお歳暮の年2回頂いている場合は、「お歳暮だけ(お中元だけ)で結構です」という方法もあります。

なかなか断り切れない場合は、こちらの方法ですと相手の気持ちも汲み取ることができるので、やりやすい方法ではないでしょうか。

受取拒否

もしお断り状を何度か送ってもやめてもらえなかったら、最終手段として受取拒否という方法もあります。

ですが、会社関係などで会社に禁止されているといった理由があるならともかく、個人の場合は失礼なことになりますので、相手を選ぶ注意が必要ですよ。

まとめ

お中元やお歳暮のうまい断り方やマナー、お礼状の文面などについてまとめました。病気治療中で迷惑している場合でも、それをうまくオブラートに包んで伝えたいものです。

特に今後のお付き合いをやめたいという場合でなければ、角が立たないように上手に断るのが得策です。

受け取るにしても拒否をするにしても、最低限のマナーを守って後腐れのない大人の対応をするようにしましょう。

スポンサードリンク