汗が止まらないのは病気ではなく自律神経の乱れ?

運動したわけでもないのに流れる汗が止まらない・・・。スポーツ中ならともかく、そうじゃないときの大人の女性の汗は、メイク崩れが気になるなど厄介なものですよね。

単なる汗っかき?と思い込む前に、自律神経が乱れていたり、病気が潜んでいることもあるので注意しなくちゃいけません。どんな病気の可能性があるのか、知っておきましょう。

さらに、汗を抑えるのに使われる薬や漢方についても言及しています。

汗が止まらない原因を知るだけでも、ひとつのストレスから解放されるということになり、汗が減るかも知れませんよ。

スポンサードリンク

汗が止まらないのは病気ではなく自律神経の乱れ?

汗が止まらなくなる原因は、肥満や遺伝といったものから、ストレス、食生活の乱れなどさまざまありますが、自律神経のバランスが崩れていると考えられることも多いものです。

ホットフラッシュ

更年期の女性であれば、ホットフラッシュが有名ですね。

症状としては、頭部から首筋にかけてほてった感じがしたり、のぼせ、夜中に目が覚める、汗が止まらないといった自覚症状があります。

これは暑い寒いといった気温などに関係なく不定期に起こるため、人に会うのが怖くなったりして、うつや引きこもりなどを引き起こす恐れもあります。

ホットフラッシュが起こるのは、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れることにあり、この自律神経の乱れは、女性ホルモンの減少が原因です。

つまり、女性ホルモンを補充することで自律神経の乱れを防ぐことができるといえます。ホルモン補充療法として、錠剤やパッチ薬などで補う方法があります。

汗が止まらないのは病気ではなく自律神経の乱れ?

汗が出ないようにあまり動かない、はダメ!

また、汗をかくから動かない方がいいというのは間違いです。運動をしないと汗をかかなくなり、全身の汗腺が機能しなくなり、脇や顔などに汗が出るようになります。

いちばん汗をかきたくない脇や顔に集中するなんて、もっとイヤですよね!そのため、適度な運動を心掛けましょう。

汗をかくのは代謝がいいから、は嘘!

なお、汗をたくさんかくから代謝が良い、と勘違いしがちですが、一概にそうとはいえません。そもそも、代謝が良いというのは、大きく分けて次の3種類に分けられます。

基礎代謝(睡眠時代謝)
基礎代謝とは、何もしてない時に勝手に消費されるエネルギーのことをいいます。眠っている時にもこの代謝は行われています。
生活活動代謝
体を動かしてエネルギーを消費することを生活活動代謝といいます。
DIT(食事誘発生熱産生)
食事をすることで、胃や腸が活発に動き、エネルギーを消費することです。

逆に、代謝機能が衰えているから自律神経の働きが鈍り、疲れやすい・だるい・眠れない・風邪をひきやすいといった免疫力の低下も招いているということもあります。

汗が止まらない女性が気になる病気とは?

あまりにも止まらない汗に、なにか病気では?と心配になることもありますよね。汗が多く出る症状から考えられる病気についても知っておきましょう。

汗が止まらない女性が気になる病気とは?

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

症状としては、甲状腺の細胞増殖、血管拡張、血流増加などから甲状腺が腫れてしまうこと。女性に多い病気で、よく汗をかいたり、体温上昇などの症状が出ます。

肺結核

肺結核の症状にも、微熱が続く、咳が止まらない、寝汗がひどいといった項目が挙げられます。

悪性リンパ腫

夜中に汗だくで目が覚める、パジャマを着替えないといけないほどの汗をかく、といった寝汗が初期症状として現れます。

白血病

血液のガンである白血病は、白血球や赤血球、血小板などの血液細胞が癌化し、骨髄で増殖して正常な血液細胞を減らします。初期症状として、ひどい寝汗が出ることがあります。

リウマチ

リウマチの場合でも滑膜の炎症が主な原因で、寝汗や冷や汗をかくことがあります。

肝機能障害

肝臓は沈黙の臓器と言われ、痛み等の自覚症状はほとんどありません。ですが、肝疾患の患者の典型的な症状として、黄疸や発汗などがあります。

糖尿病

糖尿病で末梢神経に損傷が起こると、汗の範囲が主に上半身に集中することがあります。


汗がなかなか止まらない、急に吹き出してくる、といったことに加えて、発熱、体重減少、動悸、手足のしびれ、下痢、おう吐、立ちくらみ、めまいなどの症状が出ていないかをチェックしてみてくださいね。

なんとなくイヤだな、と思ったら、内科を受診してみるのが安心です。

スポンサードリンク

汗が止まらない病気の治療に使われる薬や漢方とは?

特に大きな病気ではない場合、汗を抑えるのに使われる薬や漢方にはどんなものがあるのか気になります。よく使われるものをチェックしておきましょう。

汗が止まらない病気の治療に使われる薬や漢方とは?

即効性があるとして、ファイザー製薬のプロバンサインが病院でも治療薬としてよく処方されている薬です。

しかし、気を付けなくてはならないのが、やはり副作用ですね。効果がありましたという口コミもある一方で、口や目が乾くなどといった症状も出ることが報告されています。

ほかにも、便秘や排尿障害などを引き起こすことがありますので、きちんと病院で診療を受け、医師と相談しながら使う薬であるといえるでしょう。

漢方

漢方は、即効性こそありませんが、根本的な体質の改善をするものなので、成功すればもう悩む必要はありません。また、天然成分が使われているので、体にも優しく、急な症状の悪化はないでしょう。

汗が止まらない症状で使われる漢方としては、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)があります。ホルモンの乱れによるホットフラッシュ、ほてりなどの更年期障害に効き目があり、緊張を穏やかにしてくれます。

また、血圧が高く、ほてりやすい方には、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)がおすすめです。イライラや頭痛、不眠などにも効果があります。

しかし、漢方も副作用がないわけではありません。食欲不振や、不眠症、口の乾き、めまい、アレルギーなどを引き起こすこともあります。

また、複数の漢方を摂取すると、必要以上の成分が取り込まれ、逆に悪化してしまう恐れもあるので、安易に組み合わせたりしてはいけません。

まとめ

汗が止まらない・・・とお悩みの女性に向けて、自律神経の乱れや病気、薬や漢方の作用などについてまとめました。

どうしても汗の多さが気になる場合などで、自分に合った薬や漢方を選ぶためには、まずは専門医で診てもらうことから始めるといいですね。

もし、副作用が出るようでしたら、病院で医師に相談して指示を仰ぐことができる状態にしておいた方が安心ですから。

もし、ホットフラッシュだとしたら、せいぜい数年で収まるものです。あまり深刻にならないように、うまくつき合っていきましょう。

スポンサードリンク