結婚式の服装 親族の女性40~50代は何を着るべき?

カワイイ姪っ子や甥っ子から結婚式の招待を受けたけど、何を着ていけばいいの?

40歳を過ぎると、親族として結婚式に参列する機会が出てきて、こんな悩みに直面することもあるでしょう。

礼服だからと喪服を出してきたり、よそ行きのパンツスーツなどを準備しようとしているなら、笑いものにされちゃいますよ!

この年代の女性は親族として、どんな服装を着ていくべきなのか、ちゃんとしたマナーがあります。叔母(伯母)として、ふさわしい装いやNGな服などについて知り、胸を張って出席しましょう!

スポンサードリンク

親族の結婚式の服装で40代以降の女性は何を着る?

結婚式に参列するときのの服装は、未婚か既婚か、地域、場所、時間などによってけっこう左右されるものです。どう異なるのか、何を着るべきなのかを知っておきましょう。

一般的には?

40代以降の女性が甥や姪の叔母としてなど、親族として結婚式に参列する場合、ゲストではなくゲストをお迎えするという立場になるため、正礼装か準礼装というのが最低限のマナーとなります。

花嫁・花婿とともに親族写真を撮りますし、先方の親族と控え室をともにすることなどもありますので、失礼のない正式な服装が望まれます。

結婚式の服装 親族の女性40~50代は何を着るべき?

和装の場合

一般的に、40代以降の既婚女性が親族として最もふさわしいとされているのは、五つ紋入りの黒留袖で、これが和服の正礼装です。事前に家紋を調べておいて、必ず入れるようにします。(レンタルでも入ります)

黒留袖や色留袖でも三つ紋にすると、準礼装ということになります。

新郎新婦の母親は五つ紋の黒留袖を着ますので、年齢的に近いので間違われたくないとか、親族一同で服装の格を揃えようといった話し合いで準礼装とすることも。

ちなみに、未婚の場合は黒留袖ではなく色留袖を着用しましょう。

送料込みで一式1万円以内のものから、桂由美さんデザインなど種類も豊富!迷ったら黒留袖のレンタルが無難です。
>> 黒留袖のレンタル-楽天口コミ人気ランキング

洋装の場合

最近はカジュアルな挙式スタイルを好む方も多く、ドレスコードが洋装というケースも増えてきています。洋装の場合は、昼と夜で選ぶべき素材などが変わりますので注意が必要です。

本来はイブニングドレスやアフタヌーンドレスが正装と言われますが、日本ではあまり普及しておらず、よほど格式のある式場や集まりである場合以外では逆に浮く可能性も。

親族という立場なので、肌の露出は抑え、ヒジが隠れる長さの袖、ふくらはぎからくるぶしまでの長さのスカート丈、上下のセットは共布のもの、が正装となります。

素材は高級感のあるシルク、タフタ、ジョーゼットなど、色はなるべく黒ではなく、ネイビー、ボルドー、ゴールドなどの派手ではない大人カラーを選びましょう。

洋装の場合は素材、色、形がポイントとなり、クラス感の判断が難しくなります。迷うなら留袖ドレスのレンタルにすれば、どれもクリアしますよ。
>> 留袖ドレス 楽天一覧

時間帯では?

ゲストをお迎えする立場の一人として、披露宴の時間帯にふさわしい装いをする必要があります。目安としては、披露宴の終わり時間が18時を超えるか超えないかで判断します。

昼の服装

袖のあるアフタヌーンドレス、ドレス(ワンピース)とジャケットが共布でセットになっているフォーマルアンサンブルなどで、ひざ下~ふくはぎ丈がふさわしい装いです。

シルクやジョーゼットなど光沢や透けのない素材で、アクセサリーやコサージュなどで華やかにします。

夜の服装

昼間と同じドレスやアンサンブルの形でも、光沢のある素材を選び、丈を長めにします。合わせるアクセサリーも、キラキラと光る宝石などがふさわしくなります。

ゴールド、シルバーといった派手目のバッグや靴を合わせるのもオシャレです。

結婚式を行なう地域にもよる

都会と田舎では、考え方も風習も異なることがあります。

時間と場所にかかわらず、40代以降の女性親族なら黒留袖のみ!という地域もありますし、もちろん洋装でも大丈夫というところもあります。

まずは、出席する地域の状況を地元の方に尋ねるのがいちばんです。もしくは、場所や時間なども念頭に置きつつ、一般的な服装をすれば間違いはありません。

結婚式の場所によっても変わる

ホテルや結婚式場、レストランやゲストハウス、ガーデンウェディング、船上パーティー、テーマパークなどなど、式や披露宴を行なう場所によっても、参列者が着るべき服装は変わってきます。

高級ホテルなら最低でも準礼装は用意しておきたいところですし、逆にレストランや立式のパーティーなら、和服は避けた方がいいかもしれません。

親族は招く側ですので、全体的に格を揃えるのが暗黙のルールです。

姪っ子やその母親に直接「どんな式にしたいの?○○を着ていこうと思うけど大丈夫かな?」と尋ねてみたり、親族同士で交流があるなら相談したり、両家で服装について取り決めをしておくのが安心ですよ。

親族の結婚式に出る女性の服装マナーでNGなものは?

単なる出席ではなく、もてなす側の親族が着るべき服装は正装であるべき、というのは理解できたと思います。

正装だと思ってたのに、実はマナー違反だった、ということがないよう、明らかにダメなケースを一覧でチェックしておきましょう。

結婚式の服装マナー 女性親族にとってNGなもの

  • 未婚者の黒留袖
  • 訪問着
  • バイカラーのドレス
  • 柄の入ったドレス
  • ジャケットとワンピースの素材違い・色違い
  • 二の腕が出るドレス
  • ヒザが見えるスカート丈
  • 黒一色のドレス
  • 喪服
  • 白っぽい色のドレス
  • ボレロや羽織りもの

訪問着は花嫁の友人が着る衣装ですので、伯母としては避けるべきです。和服の場合、紋入りの黒留袖か色留袖を着ておけば、ほぼマナー違反とはなりません。

洋装なら単色が原則ですので、バイカラーや柄物は避けましょう。ワンピースドレスのアンサンブルにするなら、必ず共布で作られたものを選びます。

だからといって、黒一色のドレスや喪服をチョイスするのもマナー違反です。

喪服に華やかなコサージュをつければいいのでは?と考える人も多いようですが、素材やデザインで喪服というのはスグに分かります。親族の立場なら避けてください。

タフタやシルクなどの上質な生地であっても、ベージュやシルバーのドレスだと白っぽく見えてしまうこともあります。試着したときに写メを撮ってみて判断するといいでしょう。

若い女性のゲストならともかく、40代以降の叔母がボレロやショールなどの羽織りものをしているのもNGです。

ニット、コットン、レザー、ファー素材などがNGなのは言うまでもありません。

スポンサードリンク

結婚式の服装で40代以降の女性のスーツやパンツはあり?

そもそもスーツというのは上下別々になっているものなので、「二つに分かれる(別れる)」ということから、結婚式での着用はタブーです。

最近はパンツと言っても、一見スカートのようなスカーチョ、ガウチョと呼ばれるパンツが流行していますが、たとえパンツスーツでも上下に分かれているなら、同じ理屈となります。

パンツドレスはOK?

では、オールインワンのようなパンツドレスなら?

友人のカジュアルな結婚式とか二次会ならともかく、親族の立場ならこれもNGです。そもそもパンツ自体が、女性のフォーマルウェアではないからです。

話の分かる親戚ばかりではありませんし、新郎新婦の上司など年配の方もいらっしゃる場です。「常識外れな身内がいるのね」、などと陰口を叩かれるのは新郎新婦さんです。

普段スカートを履かないし着物は苦しいなど、事情はあると思いますが、あくまでもオシャレをして出かける場所ではなく、ゲストを招くホスト側の立場であるということでここはグッと我慢しましょう。

まとめ

40代以降の女性が、親族として結婚式に出る際の服装のマナーについてお伝えしました。

冠婚葬祭に関しては、地域によって大きな違いがあります。ここでは都市圏での一般的なマナーということでお話させていただきました。

生まれ育った場所での結婚式なら、それまでに出席してきた状況や親・親戚などに聞けば済むことですが、嫁ぎ先だったり、行ったことのない場所での披露宴だったりすると、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。

会場が式場やホテルなら、提携の貸衣装店に聞くとふさわしいものを教えていただけます。ついでにそこでレンタルすれば、ムダがありません。

いつもとは違う大人の女性としてふさわしいマナーの服装をし、楽しんで結婚式へ行き、心からお祝いしてあげたいものですね♪

スポンサードリンク