汗で髪がベタベタする原因は?

汗をかいた後の頭皮や髪の毛のベタベタや臭い、とってもイヤですよね~。特に夏場は自分が不快なだけでなく、周りにいる人にも迷惑になりそうです。

そんな汗による不快が、あっと言う間に爽やかになるイマドキのアイテムを知っていますか? ここではあると便利な5つのグッズをご紹介します。

これを常時バックに忍ばせておけば、髪や頭皮のベタつきやニオイから解放されますよ!

スポンサードリンク

汗による髪の毛の臭いをとるアイテム3選!

汗をかいてしまった後の髪のニオイを取り除くいちばんの方法は、やはりシャンプーをすることです。とはいえ、出先の場合はスグにシャンプーができない状態であることがほとんどでしょう。

洗髪まではできないという状況なら、髪のイヤな臭いをとる応急処置的アイテムを使いましょう。

リーゼ ヘアリフレッシャー

髪全体にスプレーして、わしゃわしゃとするだけで、ニオイもベタつきもなくなる優秀アイテム! 地肌に直接スプレーすると、メントールの涼しい感触がパーッと広がり、一気にクール感に包まれます。


>> 花王 リーゼ ヘアリフレッシャー シャンプーの香り ミニ/50g

持ち運べる小さなサイズもあるので、バックに入れておくとかなり重宝します。私は、家に大きいサイズも置いて、夏場はヘビロテさせてます。

ドラッグストアやコンビニで手に入るのもお手軽でいいですよね♪

グッドヘッド

頭皮専用の香水「ヘッドコロン」として販売されているのが、goodHead(グッドヘッド)です。香水といってもシャンプーの香りなので、イヤらしさはありません。

汗をかいたあとのニオイを緩和させてくれる働きがあります。


>> グッドヘッド(goodHead)by LAYERED FRAGRANCE

男性用の商品なのですが、一日中シャンプーの香りをキープしたいという女子も使えるヘッドコロンです。

というのも、使われている成分には、オレンジオイル・レモンオイル・ジャスミン・ローズなど、女性が好きな香りが含まれているから。

柑橘系の爽やかな香りが好きならピッタリです。

ヘアブライトン

汗の臭いだけじゃなく、タバコや焼き肉など頭皮についたイヤなニオイ全般に使える消臭スプレーです。国際特許成分により、悪臭だけを無臭化してくれるという優れもの。


>> 髪の毛周りに付着するタバコの煙や体臭などの臭いを消臭!ヘアブライトン200ml

200mlあってこのお値段なら高くないかも。ただ、持ち歩くには大きすぎるので、100円ショップなどでアトマイザーを買って移し替えるのがいいですね。

消臭スプレーを使う場合の注意点

髪の臭いを乗り除くためには、エタノール入りのスプレーがおすすめです。ニオイは2~3時間程度なら軽減することができます。

だからといって、何度もスプレーすれば良いわけではありません。

エタノールは肌を乾燥させてしまうので、頻繁に使用すると皮脂が過剰に出るとか、抜け毛を誘発するなどの原因になってしまいます。

あくまでも応急処置用ぐらいのつもりで使用してくださいね。

また、頭皮から離した状態で、髪にスプレーするようにしましょう。ニオイを消したいからと付けすぎてしまうと、今度は髪のベタつきにつながります。

さまざまな種類の商品がありますが、臭いの原因によって選んだり、香りで選んだりとお好みでチョイスしてみてくださいね。

その日のニオイはその日のうちに解決!

その日のニオイをその日のうちに取るには、シャンプーをするのがいちばんです。シャンプー前には、ブラシでホコリなどをあらかじめ取り除いておきましょう。

その後、汗や臭いを取り除こうとして大量のシャンプーを使うことなく、適量を手にとって良く泡立て、ゴシゴシ洗わず、顔を洗うときと同じように指の腹を使って優しく洗うようにします。

このとき、くれぐれも皮脂を過剰に取り除いてしまわないようにすることが大切です。

その後、コンディショナーを使う場合には、頭皮から塗るのではなく、耳の下ぐらいから毛先に塗るようにしましょう。

頭皮環境を整える洗髪でいちばん大切なことは、シャンプーやコンディショナーが頭皮に残らないようにすることです。すすぎは、ていねいに行ってくださいね。

スポンサードリンク

汗による髪の毛のベタベタをとる商品

汗だけではなく、皮脂や洗い流さないトリートメントなどのヘアケア製品と混ざったりすることで、髪がべたついた感じになってしまうことも。

襟足などに張り付く髪は、とてもうっとうしいですよね! 髪のベタベタを解消し、サラッと爽やかにしてくれるアイテムを持っておくと便利です。

不織布ペーパータオル

まず応急処置的に、ペーパータオルを使って頭皮をふきます。ペーパータオルは市販のもので充分です。水分はもちろん、油分を吸い取る作用に優れているため、緊急時においては役立ちます。

このとき、汗で濡れても破れにくい「洗って使えるペーパータオル」だと快適に使用できます。


>> スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル プリント

数枚を切り離してジップロックに入れて持ち歩くと便利です。可愛いプリント柄だと、ペーパータオルだと即バレしにくくて使いやすいです(笑)

ドライシャンプーシート

ドライシャンプーは、入院中や車内泊などで髪が洗えないときに便利なグッズですが、ふきとり化粧水が染みこんでいる簡易版のシートタイプのものがあります。


>> KOSEフレッシュケア ドライシャンプーシート

これとタングルティーザーを組み合わせると、
髪のベタつき汚れに効果絶大!


>> 【公式】タングルティーザー 正規品 TANGLE TEEZER コンパクトスタイラー

ブラシにシートを刺してただ髪をとくだけで、キレイ&サッパリが実現! ラベンダーの香りのシートなので、その後の香りにも癒されます。

ビーチリゾートへ行くときも、絶対にはずせないベストアイテムなのです♪

正しい洗髪方法の見直しを

髪のベタつきをとるためには、まずその原因となる悪い習慣などを取り除くことです。ベタつきをとるために、こまめにシャンプーするという方がいらっしゃいますが、皮脂を取りすぎると、逆効果になりかねません。

シャンプーは1日1回で十分です。むしろ、更年期になって髪が細く弱くなってきてからは、シャンプー剤を使うのは2日に1回にして、1日置きにお湯だけで洗髪する方法が推奨される場合もあります。(いわゆる湯シャン

年齢と髪質に応じた正しいシャンプーの仕方で、健康な頭皮、皮脂状態を整えることが大切です。

また、シャンプーは皮脂を摂りすぎてしまうような洗浄力の高いものでなく、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーや石鹸シャンプーなどを選ぶと良いでしょう。また、皮脂の過剰分泌を軽減する作用のあるスカルプシャンプーなどもおすすめです。

併せて体調管理も!

普段汗をかかないような方の中には、頭皮だけに汗をかくとお悩みの方も少なくありません。適度な運動を心がけ、夏などはクーラーの部屋だけにいることのないように、身体本来の機能を取り戻すようにしましょう。

ストレスや加齢などでホルモンバランスの悪い方は、寝不足や偏った食事、不規則な生活を改善し、ゆったり湯船に浸かるなど、リラックスできる時間を取るようにしましょう。

また、日々適度な運動をすることで、自律神経が整い、ホルモンバランスの正常化にもつながります。

脂っこいものや肉料理が多いなと思ったら、生活習慣を見直し、バランスの取れた食生活を心がけて、体質改善を図るように心がけてくださいね。

ベタつく頭皮をそのまま続けていると、薄毛の原因にもなりかねません。対策をして頭皮の環境を整えることで、頭皮は汗をかいてもひどくベタつくとか、臭うようなことが少なくなります。

汗で髪がベタベタする原因は?

40代を過ぎた頃から、毎日シャンプーをしているにも関わらず、汗をかくと髪がベタつく、なんだか臭う、などといった悩みが増え始めます。

遺伝のせいであるとも言われますが、そのほかに考えられる原因にはどんなものがあるのでしょうか。

汗による髪の毛の臭いをとるアイテム

頭皮環境によるもの

普段から汗の出るような運動をしない人、お風呂はシャワーだけで湯船には浸からないという人は、身体からの汗が出にくいため、頭から汗が出てしまいやすいということもあります。

頭皮の皮脂腺は、体のほかの部分より多いと言われています。そのため、頭皮が汗をかくと、時間の経過に伴って雑菌なども繁殖しやすい環境になってしまい、酸化がはじまります。

ヘアスプレーやヘアオイル、洗い流さないトリートメントでもつけすぎるとベタベタしてしまいますし、これらを毎日使っている場合には、より頭皮環境が悪化することも。

また、髪を洗った後、長く濡れた状態にしておくことで、雑菌が繁殖しやすくなります。そうすると、自然と髪はベタつき、ニオイの元になってしまいますよ。

さらに、頭皮の汗を拭かずに放っておくと、皮脂と汗が混ざって髪はベタベタしますし、ニオイが発生してしまいます。特に夏場は、頭の汗もこまめにふきとりましょう。

シャンプー状況によるもの

特に夕方になるとベタついて臭いが気になるという場合は、シャンプーのし過ぎということも考えられます。

必要以上にゴシゴシとシャンプーしたり、洗浄効果の高いシャンプー剤を使ったり、日に何度も洗髪したりすると、頭皮の皮脂が取れ過ぎてしまいます。

皮脂が少なくなった頭皮は乾燥を防ごうとして、ますます皮脂を分泌してしまうのです。

生活環境によるもの

頭皮の常在菌が通常よりも多く存在するような方の場合には、普通の方よりも皮脂が多く分泌されるため、髪がベタつきがちです。

また、肉や脂っこいものを多く食べている人にも、髪のベタつきが見受けられることもあります。

そのほか、ホルモンバランスの乱れ、過大なストレスなども原因のひとつであると考えられています。

若い頃と同じような不摂生を繰り返していると、そのダメージは頭皮にまで及ぶということですね。不健康な生活パターンが思い当たるなら、少しずつ見直していきましょう。

まとめ

汗をかいた後、髪の毛のベタベタや臭いをとってくれる5つのアイテムについてお伝えしました。また、ベタベタや臭いの原因を知っておくことでベタつきを減らすことにもつながります。

頭皮環境を整えることで汗の量や臭いを減らし、出てしまった汗は優秀なグッズたちで対策すれば、もう夏の炎天下も怖いものナシ!

爽やかな夏を迎えてくださいね。

スポンサードリンク